Jをめぐる冒険BACK NUMBER

クラモフスキー清水の設計図に注目。
“マリノス的+α”に想うオシムの言葉。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/08/22 09:00

クラモフスキー清水の設計図に注目。“マリノス的+α”に想うオシムの言葉。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

派手な打ち合いに敗れたとはいえ、清水が前年王者マリノス相手に見せたサッカーは興味深かった。

思い出すのはイビチャ・オシム。

 竹内の言う「繋がっている」とは、「積み上がっている」「作り上げている」と言い換えることができるだろう。

 そこで思い出すのは、ジェフ千葉を率いていた頃の、イビチャ・オシム監督の言葉である。

「守るのは簡単ですよ。要は、作り上げることより崩すことは簡単なんです。家を建てるのは難しいが、崩すのは一瞬。サッカーもそうでしょう。攻撃的ないいサッカーをしようとする。それはいい家を建てようとするのと同じ意味。作り上げる、つまり攻めることは難しい。でもね、作り上げることのほうがいい人生でしょう。そう思いませんか?」

 まさに今、清水は明確な“設計図”を手に“家”を作り上げている最中だろう。着々と積み上がっていく様子が見て取れるから、ファン・サポーターも夢を抱けるというものだ。果たして、どんな家が建つのだろうか、と――。

 試合後、ピッチサイドでポステコグルー監督とクラモフスキー監督が久しぶりの再会を喜び、しばらく談笑していた。ボスはかつての参謀に「ピーター、いいチームを作っているじゃないか」とでも声を掛けたのだろうか。

 彼らのような、欧州のスタンダードを持ち込む志の高い指導者がJリーグで指揮を執ってくれる縁に、感謝するばかりだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
清水エスパルス
竹内涼
ピーター・クラモフスキー
西澤健太
金子翔太
横浜F・マリノス
イビチャ・オシム

Jリーグの前後の記事

ページトップ