SCORE CARDBACK NUMBER

“和製アルトゥーベ”になれるか。
育成選手・樋口龍之介の打棒。

posted2020/08/23 15:00

 
“和製アルトゥーベ”になれるか。育成選手・樋口龍之介の打棒。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1994年7月4日、神奈川県生まれ。横浜高、立正大、新潟を経て育成ドラフト2位で入団。一塁、二塁、三塁を守る。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 ようやく梅雨が明け、いきなりの酷暑となった8月6日の鎌ケ谷スタジアムで、豆タンクのような身体がくるっと回った。ボールはレフトへ高々と舞い上がる。

 打ったのはファイターズの背番号112――樋口龍之介だった。このホームランはその時点でイースタン・リーグの2位となる第7号、安打、打点、打率はリーグトップに立っていた。168cm、84kgの樋口は育成枠のルーキーとはいえ、ファイターズの中では近藤健介の一つ下、淺間大基より二つ上の26歳。近藤と淺間の名前を出したのは、樋口が彼らと同じ横浜高校の出身だからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 673文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

樋口龍之介
北海道日本ハムファイターズ
ホセ・アルトゥーベ
大渕隆

プロ野球の前後のコラム

ページトップ