酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

菅野智之とパのエース、ダルは?
MLBが気遣う“投手酷使指数”比較。

posted2020/08/24 18:00

 
菅野智之とパのエース、ダルは?MLBが気遣う“投手酷使指数”比較。<Number Web> photograph by (L)Kiichi Matsumoto/(R)Getty Images

NPBとMLBでの今季登板数、野球文化の違いはある。ただスタミナ抜群の菅野智之(左)とダルビッシュの「PAP」が大きく違うことは興味深い。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

(L)Kiichi Matsumoto/(R)Getty Images

 6月から始まったペナントレースもまもなく折り返し点だ。各球団の試合数は55試合前後。勢力図が固まりつつあるが、セ・リーグとパ・リーグで投手起用の方針がくっきりと違うことが見え始めてきた。

<両リーグの先発、救援別の投手成績 ※記録はいずれも8月23日時点>

〇セ・リーグ
・先発
116勝116敗17完投6完封
平均5.56回 92.4球
・救援
36勝36敗63セーブ224ホールド
平均3.25回 56.3球
〇パ・リーグ
・先発
102勝112敗5完投3完封
平均5.43回 92.5球
・救援
57勝47敗78セーブ268ホールド
平均3.36回 58.6球

セの方が明らかに完投数が多い。

 ざっくり言うと、セ・リーグのほうが先発で勝敗が決まることが多い。そして完投数はセの17に対してパが5とはっきりした違いがある。

 パ・リーグは救援投手が登板して以降に勝敗が決まることがセよりも多い。当然だがセーブ数、ホールド数も多い。

 しかしながら先発、救援の平均投球回数、投球数にはそれほど差はないのだ。

 ここから何がわかるか?

 セ・リーグの先発投手は、同点でマウンドを降りることがパ・リーグよりも少ない。そしてセ・リーグは、特定の投手=エースには、最後まで投げさせることが多いということだ。

【次ページ】 両リーグの完投数を見てみると。

1 2 3 4 NEXT
菅野智之
大野雄大
小川泰弘
涌井秀章
山本由伸
ダルビッシュ有

プロ野球の前後のコラム

ページトップ