Jをめぐる冒険BACK NUMBER

奥川雅也が語る飛躍の時と南野拓実。
「ほんま“THE海外選手”というか」 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAtsushi Iio

posted2020/08/14 18:00

奥川雅也が語る飛躍の時と南野拓実。「ほんま“THE海外選手”というか」<Number Web> photograph by Atsushi Iio

ザルツブルクで9ゴールを決め、7連覇に貢献した奥川雅也。欧州での市場価値も今後上がりそうだ。

ハーランドらの移籍を見て……。

――冬に南野選手がリバプールに移籍した。アーリング・ハーランドもドルトムントに旅立っていった。一緒に戦っていた選手たちがビッグクラブに買われていくのを、どんな想いで見ていました?

「行くだろうなとは思っていましたけど、自分も全然負けてないというか。練習中でも負けてないですし。そういう意味では、楽観視するつもりはないですけど、自分にもチャンスはあるなというか。ここまで来てるんや、というのを実感しましたね」

――南野選手は学年ではふたつ上、年齢はひとつ上。自分にも来年か再来年、チャンスが来ても不思議ではないと。

「そうですね。レンタルのときには、ビッグクラブに移籍する選手はいなかった。同じチームで一緒にやっていた選手がビッグクラブにいきなり行くのを見るのは、すごく刺激になりましたね」

#2に続く奥川雅也を覚醒させたドイツ2部とCL。ドリブル+得点力を追い求め。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
奥川雅也
レッドブル・ザルツブルク
南野拓実
アーリング・ハーランド
京都サンガF.C.

海外サッカーの前後の記事

ページトップ