Jをめぐる冒険BACK NUMBER

奥川雅也が語る飛躍の時と南野拓実。
「ほんま“THE海外選手”というか」 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAtsushi Iio

posted2020/08/14 18:00

奥川雅也が語る飛躍の時と南野拓実。「ほんま“THE海外選手”というか」<Number Web> photograph by Atsushi Iio

ザルツブルクで9ゴールを決め、7連覇に貢献した奥川雅也。欧州での市場価値も今後上がりそうだ。

拓実くん、やっぱり凄いなって。

――南野拓実選手(現リバプール)とのアベックゴールも4回ありましたね。リバプールに移籍する直前の彼と同じピッチに立ったわけだけど、何を感じられましたか?

「いやあ、この人、やっぱり凄いなって(笑)。プレーが凄いのは、結果も出しているから、みんな分かっていると思うんですよ。何が凄いって、メンタルの部分。負けず嫌いなのは昔から知っていましたけど、日本人っぽくないんですよね。誰に対してもガイガイ言って主張するし。ほんまに“THE海外選手”というか。しかも常にポジティブで、一切ブレない。横で見ていて、凄いなって思っていました」

――ユース代表では一緒にプレーしていたけれど、その頃との変化は?

「少し丸くなっていました(笑)」

――ハハハハ。

「オフ・ザ・ピッチはめちゃいい人でしたけど、試合中はもっとツンツンしていたというか(笑)。昔からオーラというか、風格があって、プロっていう感じでしたね」

僕はギラギラを表に出さないタイプ。

――南野選手のようなメンタル、身に付けられそうですか?

「いや、僕はまったく別のタイプなので」

――どういうタイプ?

「ギラギラを表に出さないタイプ。あまり他人にガイガイも言わないし。まあ、ユース時代は言ってましたけど(苦笑)。今は、どうすればうまくいくか自分の中で冷静に考えるようにしています。監督からは『もっと(気持ちを表に)出せ』と言われるんですけど、そこは曲げずに。『出すときは出すから大丈夫』と言っています。監督も理解してくれているので。だから、拓実くんとはまったく違うタイプだと思いますね」

――でも、秘めるギラギラはあると。

「めちゃめちゃあると思います」

【次ページ】 ハーランドらの移籍を見て……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
奥川雅也
レッドブル・ザルツブルク
南野拓実
アーリング・ハーランド
京都サンガF.C.

海外サッカーの前後の記事

ページトップ