プレミアリーグの時間BACK NUMBER

新米ランパード監督が証明した手腕。
「失せろ!」と吠える強気さも魅力。

posted2020/08/01 09:00

 
新米ランパード監督が証明した手腕。「失せろ!」と吠える強気さも魅力。<Number Web> photograph by Getty Images

クラブのレジェンドが監督としても成功するのは意外と少ないパターンだけに、ランパード監督のチェルシー1年目は十分合格点と言える。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 新型コロナウイルスによる中断を経て6月に再開された今季のプレミアリーグは、去る7月26日に完結の日を迎えることができた。

 最終節で最も注目を集めたのは、トップ4の残り2枠を巡る三つ巴の争いだ。

 結果は、敵地での5位レスターとの直接対決に勝利した3位マンチェスター・ユナイテッドと得失点差で4位に終わったチェルシーが、リバプールとマンチェスター・シティの「2強」とともにCL出場権を手にした。

 当日、筆者が訪れたキングパワー・スタジアムでは、試合後のウェブ会見で勝利監督のオーレ・グンナー・スールシャールが「非常に大きな成果だ」と上機嫌だった。マンUは、1月後半の24節でバーンリーに敗れてホームのファンからブーイングを浴び、翌節終了後には、当時3位のレスターと14ポイント差の7位に落ちていながら、プレミア第2集団の先頭で2年ぶりのCL復帰を決めたのだ。

マンUと補強事情が大きく違った。

 一方のチェルシーは4位で年を越し、34節でレスターを抜きながら3位を維持することができなかった。しかし、フランク・ランパード新体制下の4位は、マンUの3位に勝るとも劣らぬ成果と言える。

 互いに現監督の下で初のフルシーズンを戦った両軍だが、スールシャールは暫定指揮を執った昨季半ばからの続投。祖国ノルウェーのモルデでスタートした一軍監督歴は10年目を迎えている。対して年齢も42歳で5つ下となるランパードは指導者キャリア2年目、プレミア1年生監督だった。

 また、マンUの巻き返しは今冬の補強が一大転機となっている。

 前々回のコラムで触れた、ブルーノ・フェルナンデスの加入インパクトがあったからだ。ところがチェルシーは、エデン・アザールが抜けた昨夏にはFIFAによる補強禁止処分により新戦力獲得が許されず、処分が解けた今冬はクラブが買い控えた。

 つまり、マンUとチェルシーとでは状況がかなり違っていたのだ。

【次ページ】 FA杯を獲れなくても十分に成功。

1 2 3 4 5 NEXT
フランク・ランパード
チェルシー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ