Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<スペシャル対談>
桑田真澄×荒木大輔「悔しさを誇りに変えて」

posted2020/07/30 07:30

 
<スペシャル対談>桑田真澄×荒木大輔「悔しさを誇りに変えて」<Number Web> photograph by Kanekoyama

桑田真澄と荒木大輔。甲子園5期連続出場の2人のヒーローが、甲子園のない夏に思いを語った。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Kanekoyama

ともに5季連続出場、春夏を通じて荒木は12勝5敗、桑田は20勝3敗、まさに甲子園の申し子といえる。甲子園のない夏、2人のヒーローが語り合った聖地の魅力、そして敗戦から得た財産とは。

桑田 荒木さんの甲子園でのピッチングはよくテレビで観ていました。僕が3つ下ですから、中学生のときです。同じ右ピッチャーだったので、雑誌に載っていたピッチングフォームの連続写真をノートに貼って参考にしていました。

荒木 参考にはならなかったでしょ(笑)。桑田君には中学生のときから研究熱心というか、学ぼうという姿勢があったんだね。オレにはそういう素養がなかったなぁ。

桑田 感覚派だったんですか。

荒木 そう、誰かのフォームを見たり真似たりというのはオレには無理。チェックポイントとか、腕の持っていき方とか、人によって違うじゃない。だからいつも自分の感覚を信じていた。原(辰徳)さんの6つ下だから小学生のときには原さんに憧れた世代なんだけど、定岡(正二)さんのことも覚えていない。定岡さんに会ったときも「すみません、全然、覚えてないんです」って(笑)。真似したとしたら(4つ上の)兄貴のことくらいじゃないかな。

桑田 お兄さんも早実でしたよね。

荒木 うん、兄貴に憧れがあって、兄貴に認めてもらいたいと思っていた。4つ上で早実で4回、甲子園に出たんだよね。だから「オレは絶対に全部出る」って……。

桑田 えっ、高校へ入る前から5回出ることを目指していたんですか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園 一敗の輝き~真夏の号泣伝説1980-2020~
桑田真澄
荒木大輔
PL学園高校
早稲田実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ