欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

崖っぷちサンプドリア奇跡の残留。
「正常化請負人」ラニエリの手腕。

posted2020/07/26 11:50

 
崖っぷちサンプドリア奇跡の残留。「正常化請負人」ラニエリの手腕。<Number Web> photograph by Getty Images

最悪のスタートを切ったサンプドリアを立て直し、降格の危機から救ったクラウディオ・ラニエリ監督。名将の信念が選手の力を引き出した。

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今年の7月19日、無観客のエンニオ・タルディーニ。パルマの圧力に屈し前半で2点のビハインドを負っていたサンプドリアは、後半に入って勢いを得た。

 開始早々に得たCKのチャンスでDFジュリアン・ヒャボットがヘディングシュートを決めると、主将のファビオ・クアリアレッラの芸術的なシュートで同点へと追いつく。

 そして78分、頼れる主将とワンツーを交わしてエリア内へ飛び込んできたのは、23歳のフェデリコ・ボナッツォーリだ。ロックダウン後の6試合で4得点と当たっていた彼が、逆転ゴールを決めた。

 結局サンプは3-2で劇的な逆転勝利を収めた。

 勝ち点を41まで伸ばした彼らは、18位レッチェとの勝ち点差を残り4試合で12とした。一方、レッチェはジェノアに敗れて勝ち点29のまま。直接対決の成績で上回るサンプが、セリエA残留を決めた。

 シーズン前半の惨状を考えれば奇跡のような歩みだ。

ラニエリ監督の新たな成功物語。

 開幕7試合を終えての順位は最下位、1勝6敗、勝ち点はたったの3と、クラブ歴代でも最悪の出だしだった。しかし、そこからの27戦で実に勝ち点38を集めた。

 とりわけ新型コロナウイルス感染症によるロックダウンを経てリーグが再開された後は、5勝4敗。再開後の成績だけで順位をつけるとしたら、勝ち点15はなんとナポリと並んで5位相当になる(7月19日時点。ちなみに1試合少ない7位ユベントスの勝ち点は14)。

 サンプドリアの急回復を可能にしたのは、第8節からチームを指揮したクラウディオ・ラニエリ監督の存在あってこそ。4年前にレスターを優勝に導いた68歳の名伯楽は母国に戻って、また新たな成功物語を描いた。

【次ページ】就任当時は最悪のムードだった。

1 2 3 4 NEXT
クラウディオ・ラニエリ
サンプドリア
吉田麻也

海外サッカーの前後の記事

ページトップ