炎の一筆入魂BACK NUMBER

鈴木誠也は内野ゴロでも全力疾走。
非でも脱でもない「着・完璧主義」。

posted2020/07/21 11:50

 
鈴木誠也は内野ゴロでも全力疾走。非でも脱でもない「着・完璧主義」。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

打撃成績は上位に入るも、チームは7月に入って4勝10敗1分と苦戦が続いている。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 最近、ビジネスシーンにおいて「非・完璧主義」「脱・完璧主義」が推奨されている。

 失敗と隣り合わせの野球界でも、「絶対こうしなければいけない」という完璧主義よりも、「これさえしなければ大丈夫」という「非・完璧主義」のアプローチで、自身にかかる重圧を軽減させることもできるかもしれない。

 取材が規制されている今季、例年のように選手の胸中をうかがい知ることができない。それでも広島の鈴木誠也が今年も変わらず、理想の打撃を求めていることはその一挙手一投足からも見て取れる。

 打率.359(リーグ3位)、7本塁打(同3位タイ)、21打点(同4位)、得点圏打率.524(同1位)、OPS1.134(同2位)。他球団からの徹底マークにも、日本の4番と認められるだけの数字を残している(データはすべて7月20日現在)。

「100打数100安打を打ちたい」

 数字で満足感を得るタイプではない。1球、1スイングの集中力はほかの選手と比較できない。練習から1球のミスをも悔しがる。納得できないスイングに感情を露わに悔しがる。前日何本安打を打っていようが、関係ない。

「高いレベルでの同じルーティンをやり続けている。他の選手もルーティンは持っているけど、技術や濃密さ、すべてのレベルが2個上。100打数100安打を打ちたいと本気で思っているから、ティー打撃1球でも打ち損じたら悔しがる。それを365日続けられる。今でも誰よりも練習している」

 元広島内野手で現在、打撃投手を務める山本芳彦の証言。フリー打撃時だけでなく、トス役を務めるティー打撃、一時サポートした今年の自主トレなど間近で見続けているからこそ、感じるすごみがある。

【次ページ】 維持は衰退。危機感は常にある。

1 2 3 4 NEXT
広島東洋カープ
鈴木誠也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ