炎の一筆入魂BACK NUMBER

古田、谷繁ら名捕手と並ぶために
カープ會澤翼が乗り越えるべき壁。

posted2020/07/08 11:15

 
古田、谷繁ら名捕手と並ぶためにカープ會澤翼が乗り越えるべき壁。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨季は自己最多126試合に出場して打率.277、12本塁打、63打点と「打てる捕手」を証明した。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 捕手はグラウンドでただ1人、チームメートの顔を見ながらプレーする。扇の要として全体を見渡し、投手の表情やマウンドでの立ち居振る舞い、野手のポジショニングを確認。グラウンドの指揮官とも言われている。

 野球を始めた小学3年生のときに「プロテクターが格好いい」という理由でキャッチャーを始めた。そこから捕手一筋の広島・會澤翼にとっても、今季見る景色はこれまでとは違う。

 コロナ禍で開幕したプロ野球シーズン、9日までスタンドには観客はいない。投手を鼓舞し、野手陣に冷静に指示を出す声が球場に響き渡る。

先発マスクはリーグトップの11試合。

 景色の変化は異例の環境だけが理由ではない。

 ここまで3試合未消化ながら、スタメンマスク11試合はセ・リーグでトップ(他5球団は阪神・梅野隆太郎10、DeNA・伊藤光8、ヤクルト・嶋基宏8、中日・木下拓哉8、巨人・大城卓三7)。投手同様、捕手も分業制を敷く球団が増えてきた中、広島は會澤のさらなる成長を信じている。

 今年から一軍担当となった倉義和バッテリーコーチが開幕前から「1週間すべてとは言わないけれど、ある程度はアツ(會澤)に出てもらうと思っている。正捕手だし、やってもらわないといけない選手だから」と出場増を明言していた。

 開幕から先発ローテーション6のうち、遠藤淳志を除く5投手と先発バッテリーを組む。開幕カード全3試合にスタメンフル出場はプロ入り初。開幕5試合目までフル出場を続け、その後もスタメン出場から途中交代は2度しかない。

【次ページ】 昨季、初めて規定打席に到達。

1 2 3 NEXT
広島東洋カープ
會澤翼
倉義和
大瀬良大地
鈴木誠也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ