JリーグPRESSBACK NUMBER

ザーゴ監督が刻んだ日本語タトゥー。
「父」への思いと鹿島変革への誓い。 

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/07/02 11:30

ザーゴ監督が刻んだ日本語タトゥー。「父」への思いと鹿島変革への誓い。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

幼い頃から日本は身近な存在だったと話す鹿島ザーゴ監督。右腕には「父」の文字が刻まれている。

左腕に刻みたい「母」の文字。

 中断期間中の4月6日、ザーゴ監督の母が亡くなったという報が伝えられた。

「残念ながら帰国できず、いまだに会えていません。僕は1人っ子なので、両親がしてくれた教育というものは頭や体に染み付いていて、常にそれに対する敬意を持っています。思い出はすべて頭のなかにあります」

 次にブラジルへ帰ったとき、決めていることがある。

「右腕に刻んだ『父』の文字は、記念にいつも思い出すために刻みました。同じように、逆側の左腕に『母』と刻むつもりです」

 2019年、ブラガンチーノでブラジル2部リーグを制した。ザーゴ監督は、楽しみにしている。母の墓前で国をまたいだリーグ連覇を報告することを。そして、左手首に「母」の一文字を刻むことを。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鹿島アントラーズ
ザーゴ

Jリーグの前後の記事

ページトップ