Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

駒野友一と松井大輔の6月29日。
南アフリカW杯が僕らを変えた。

posted2020/06/29 11:30

 
駒野友一と松井大輔の6月29日。南アフリカW杯が僕らを変えた。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

2014年撮影。涙を流したパラグアイ戦から4年後、所属していた磐田の練習場で「逆バージョンや」と笑う駒野(右)と松井。

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

2010年6月29日。サッカーW杯南アフリカ大会での日本の挑戦は、駒野友一のPK失敗で幕を閉じました。それから4年後の2014年、チームメイトとして再会を果たした駒野と戦友・松井大輔は当時の戦いをどう振り返っていたのか。激闘から今日でちょうど10年、そんな2人の思いを描いたコラムを特別に公開します(Sports Graphic Number 2014年7月9日臨時増刊号「駒野友一&松井大輔『フットボーラーの幸せ』」より)。

「アイツのせいで負けたんですよ」

 クラブハウスと練習場をつなぐ階段を下りてきた駒野友一を見て、サービス精神旺盛な松井大輔が笑いながら言った。サンダルをペタペタと鳴らしながら歩いてくる駒野は、ニヤリと微笑むだけで特に何も言わない。

 ともに1981年生まれの2人は、小学生の頃からお互いの存在を知っている。初めて言葉を交わしたのは、駒野が「和歌山のスピードスター」として、松井が「京都のテクニシャン」として関西選抜に名を連ねた中学2年の時。あれから19年、今季からまた同じユニフォームを着る2人は、歩んできた道のりも、性格も、考え方も遊び方も違う。だから友人としての「密度」が濃いわけではないが、同じ時代に日の丸を背負い、同じ目標を持って戦ってきた仲間としての絆は深い。カメラの前に並んで立つ2人の無防備でのん気な雰囲気からも、それは十分に伝わってくる。

4年前と「逆にする?」

 さて、どちらが右で、どちらが左か。

 一瞬だけ迷って4年前の写真と同じ立ち位置で背筋を伸ばすと、松井がまた、いたずらな表情を浮かべて言った。

「逆にする?」

 4年前の南アフリカで撮られた写真には、やはり同学年の阿部勇樹とともに涙を浮かべる2人の姿がある。呆然とうつむく駒野の隣に、寄り添ってその肩を抱く松井。つまり松井が言う「逆」とは立ち位置ではなく“配役”のことで、ちょっとしたブラックユーモアである。それでもまた、駒野はニヤリと微笑むだけで特に何も言わなかった。

 2010年6月29日――。日本にとって4度目のW杯は、駒野のPK失敗によってベスト16で幕を閉じた。打ちひしがれる友に、寄り添う友。2人が涙に暮れるその光景は、あの大会を象徴するワンシーンとして人々の記憶に刻まれている。

【次ページ】かなりショックだった。でも……。

1 2 3 4 5 NEXT
駒野友一
松井大輔
ジュビロ磐田
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ