フランス・フットボール通信BACK NUMBER

史上最高のワールドカップはどの回だ?
前編・ブラジルは革命的だった。 

text by

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィ

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィEric Frosio et Valentin Pauluzzi

PROFILE

photograph byL'Equipe

posted2020/06/30 11:40

史上最高のワールドカップはどの回だ?前編・ブラジルは革命的だった。<Number Web> photograph by L'Equipe

初めて《白いペレ》と呼ばれたトスタン。ブラジルサッカーを牽引し世界をうならせた1人だ。

ペレとの連携をテストした結果。

――トスタン、あなたも大会開始前の時点ではスタメンではありませんでした。

T :ザガロ(=マリオ・ザガロ。選手として2度、監督として1度、アシスタントコーチとして1度ワールドカップ優勝。監督では準優勝も1度ある)はサルダーニャよりずっと慎重な性格だった。サルダーニャは攻撃サッカーの信奉者で、南米予選でブラジルは爆発的な攻撃力を発揮した。前線にはふたりのウィング、ジャイルジーニョとエドゥを両サイドに置き、ペレと私が中央に構えた。

 ところがザガロが赴任して、彼は「4-2-4はワールドカップで勝つために適したシステムではない。ペレと私(トスタン)を一緒にプレーさせることはできない」と言った。それで私はサブに回らざるを得なかった(微笑)。さらに彼はエドゥも外して、中盤にリベリーノ、クロドアウド、ジェルソンのトリオを配した。マークをより強固にするのがその意図だった。さらにボタフォゴ出身のザガロは、ジャイルジーニョとロベルトのボタフォゴコンビをペレと組ませようとした。

 だが、このやり方はペレとジェルソンの間でオートマティズムが得られず、ザガロは私を投入してペレとの連携をテストした。幸いそれがうまくいったので、私は開幕をスタメンで迎えることができた。

「ピッチで何かやってやろう」

――そればかりかグループリーグ2戦目のイングランド戦(1対0でブラジルの勝利。グループリーグ最高の試合がこのブラジル対イングランド戦だった)では、優勝候補を相手に決定的な仕事をしました。

T:イングランドは本当に素晴らしいチームで、4年前の優勝メンバーをほぼそのまま揃えていた。戦術的によく組織されており、4-4-2システムは彼らが作り出した。コンパクトで崩すのが難しいシステムだ。

 試合は長い間拮抗した。スペースがあまりなく、最終的にゴールは私のプレーが起点となって生まれた。左サイドで2~3人を相手にドリブルをしてペレにパスしたボールが、(誰もがペレがシュートすると予想したのに)ジャイルジーニョにわたって得点になった。

 ほとんど誰も知らないことだが、このゴールの前にベンチに目をやると、ロベルトが私の代わりに出場する準備をしていた。それを見て、個人プレーをする気になった。「ピッチを離れる前に、何かやってやろう」と。そして神のおかげで私はサイドを崩すことに成功し、ジャイルジーニョのゴールへと繋がった!

 ただ、それでも私は交代させられた。交代要求は得点の前になされていたからだ。とはいえゴールは私にとって大きな救いになった。あのときからザガロは、私を無視できないレギュラーと見なすようになったのだから(笑)。

【次ページ】帰国便のチケットを買っただと!?

BACK 1 2 3 4 NEXT
アレッサンドロ・マッツォーラ
トスタン
マリオ・ザガロ
ペレ
ジャイルジーニョ
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ