ツバメの観察日記BACK NUMBER

ヤクルトに名匠の教えをもう一度。
野村克也、関根潤三が遺したもの。 

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph byL:Kyodo News R:Kazuaki Nishiyama

posted2020/06/18 11:00

ヤクルトに名匠の教えをもう一度。野村克也、関根潤三が遺したもの。<Number Web> photograph by L:Kyodo News R:Kazuaki Nishiyama

かつてヤクルトを指導した関根潤三監督(左)と野村克也監督。両監督の教えが今もヤクルトを導く。

関根さんの、野村さんの教えを。

 新型コロナウイルス騒動で開幕は遅れに遅れた。新人監督にとっては難しい日々だったことだろう。

 それでも、こうして開幕を迎えられたことを喜びに変えて、思う存分指揮を執ってほしい。関根さんは「選手は育てるものじゃない。育つものなの」と言った。野村さんは「1年目に種をまき、2年目に水をやり、3年目に花を咲かす」と語った。

 両氏の教えを、今こそ高津、池山両監督に贈りたい。今年はどんなドラマが繰り広げられるのか、一喜一憂する日々がようやく始まる――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
関根潤三
野村克也
東京ヤクルトスワローズ
高津臣吾
池山隆寛
奥川恭伸

プロ野球の前後の記事

ページトップ