プロ野球PRESSBACK NUMBER

中日の躍進は小型&大型の右腕次第!
山本拓実、梅津晃大の2人の物語。 

text by

渋谷真

渋谷真Makoto Shibutani

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/06/17 20:00

中日の躍進は小型&大型の右腕次第!山本拓実、梅津晃大の2人の物語。<Number Web> photograph by Kyodo News

(写真左)山本拓実と梅津晃大という注目右腕。与田剛監督からの期待も特に大きい若手である。

梅津「1年間ローテを守るという気持ちで」

 ドラフト会議直前には母・明美さんが脳出血で倒れた。

 現在も懸命なリハビリを続けており、梅津の活躍は最高の刺激となっているはずだ。昨季は新人王の資格喪失も意に介さず、少しでも経験を積むことを優先した。その結果、4勝1敗。早くも他球団からマークされる存在となった。

 6月14日の最終登板は5回を2安打、ロペスのソロ本塁打による1点に抑え、6三振を奪った。

「最少失点で終われてよかった。ローテに入って投げるつもりでいます。もうルーキーじゃない。大野(雄大)さんや柳(裕也)さんのように、1年間ローテを守るという気持ちでシーズンに臨みたい」

 陽の当たるチームには所属してきたが、梅津自身は少し陰に立っていた。プロでは違う。将来のメジャー移籍もねらえるスケール。とんでもない埋蔵量をもつ地下資源が、いよいよ採掘できそうだ。

 山本、梅津。彼ら若き先発右腕は世代交代のシンボルでもある。7年連続Bクラス。老舗球団の黒歴史に終止符を打てるかは、この2人の活躍しだいだ。

関連記事

BACK 1 2 3
山本拓実
梅津晃大
与田剛
中日ドラゴンズ
上林誠知
馬場皐輔
熊谷敬宥
平沢大河
佐藤世那
郡司裕也
大野雄大
柳裕也
甲斐野央
上茶谷大河

プロ野球の前後の記事

ページトップ