令和の野球探訪BACK NUMBER

BCリーグはコロナ禍でどんな準備を?
6月20日開幕「ピンチをチャンスに」

posted2020/06/18 07:00

 
BCリーグはコロナ禍でどんな準備を?6月20日開幕「ピンチをチャンスに」<Number Web> photograph by ROUTE INN BCLeague

開幕までの準備に奔走したBCリーグとその各球団。さまざまな施策に取り組み、地域やスポンサーとの関係性を強化した。

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph by

ROUTE INN BCLeague

 新型コロナウイルス禍に見舞われたスポーツ界。野球界も各種大会の延期や中止が相次いだ。

 そんな中、今年で14年目を迎える独立リーグ・ルートインBCリーグは、NPBが開幕する翌日の6月20日にレギュラーシーズンをスタートさせる。NPB同様に無観客試合が原則(富山の開幕戦から制限付きの有観客開催)で開幕するが、経営規模が圧倒的に小さいBCリーグはどのように生き残りや発展を目指すのか。運営や経営の最前線にいる関係者に話を聞いた。

 今季から神奈川フューチャードリームスが参入しNPBと同じ12球団になったBCリーグ。

 その神奈川は、横浜DeNAベイスターズから球団OBで1998年日本一の立役者の1人である鈴木尚典監督ら指導者の派遣を受けたり、横浜スタジアムでのホーム開幕戦開催を4月18日に予定するなど、多くの注目を集めてきた(神奈川のホーム開幕戦は6月22日の13時から平塚球場で行われることになった)。ドラフトに多くの選手を送り込んできた埼玉武蔵ヒートベアーズも、埼玉西武ライオンズと地域貢献事業やトレーナーの派遣などで協力関係を深めており、NPB球団との連携や首都圏での発信力をより強めていこうとしていた。

 そんな矢先、リーグ開幕延期が決まった。

まず行ったのは感染リスクへの対応。

「大変だったと過去形じゃなくて現在進行形ですよ(笑)。大変です」

 なんとかリーグ開幕にこぎつけたものの苦笑いでそう語るのは、BCリーグの創設者であり、現在もリーグを取り仕切る村山哲二代表だ。当初予定していた4月11日開幕への雲行きが怪しくなった3月から各球団の代表者と週1回、侃々諤々の議論を交わしてきた。

 いわずもがな、最大の目的は「選手・スタッフ・ファンの感染リスクを最大限に抑えること」。突き詰めて考えてしまえば「試合をしないこと」が一番だが、そうなれば球団そしてリーグの存続ができないのは当然のことだ。

 そこで試合時間と移動時間を少なくするための、独自の大胆な規定変更を断行した。

【次ページ】 リーグ戦は近隣チームのみと対戦。

1 2 3 4 NEXT
神奈川フューチャードリームス
埼玉武蔵ヒートベアーズ
新潟アルビレックスBC
福井ワイルドラプターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ