プロ野球PRESSBACK NUMBER

中日の躍進は小型&大型の右腕次第!
山本拓実、梅津晃大の2人の物語。

posted2020/06/17 20:00

 
中日の躍進は小型&大型の右腕次第!山本拓実、梅津晃大の2人の物語。<Number Web> photograph by Kyodo News

(写真左)山本拓実と梅津晃大という注目右腕。与田剛監督からの期待も特に大きい若手である。

text by

渋谷真

渋谷真Makoto Shibutani

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 山本拓実が身長167センチ、梅津晃大が187センチ。与田ドラゴンズの最注目は、開幕ローテーションに食い込んだ小型&大型右腕コンビだ。

 山本は高卒3年目。兵庫県の市立西宮高校からドラフト6位で指名された。同校は高校野球ファンなら誰でも知っている。夏の甲子園の開会式で、同校の女子たちが全国から集まった代表校のプラカードをもって行進するからだ。つまり、この学校の歴代の女子は何百人も甲子園の土を踏んでいるのだが、この学校そのものの野球部の出場歴はまだない。

 そして、山本は同校2人目のプロ野球選手であり、同学年の中でただ一人「センター試験を受けなかった生徒」でもある。

 県下有数の進学校。同校のホームページによると、ここ5年の進学実績は東大が5人、京大が34人、大阪大は117人となっている。誇らしげに有名大学の合格者数が並ぶ隅っこに、後から付け足したかのように「就職先」の一覧がある。ここにあるのは1名のみ。ご丁寧に「中日ドラゴンズ1」と社名(?)が書かれていた。

「友達のおかん」にとっても「自慢の息子」。

 文武両道の同校にあって、山本の名は県下では知られていた。

 その評価が一気に高まり、ドラフト指名リストに入ったきっかけが、3年生の6月に組まれた大阪桐蔭との練習試合だった。1学年下に根尾昂、藤原恭大らがいる選抜優勝校を相手に、7回を3安打に封じ込めた。

 この好投を機に、山本は進路をプロ一本に絞る。

 周囲は「甘い世界じゃない。大学で実績を積んでからでも」と諭したが、プロ志望届を出し、甘くない世界に身を投じた。

 1年目に初登板したのも、2年目に初勝利を飾ったのも、たまたま地元に近い甲子園。泣きながら「YAMAMOTO」と書かれたタオルを振り、声援を送るご婦人の姿がテレビカメラに抜かれた。カメラマンのみならず、映像を見たすべての人が母親だと思っていたが、実は野球部の仲間の母親と発覚したのは後のこと……。

 勉強ができ、野球がうまく、朗らかで童顔の山本。「友達のおかん」にとっても「自慢の息子」なのである。

【次ページ】 万能変化球“スラッター”を武器に持つ山本。

1 2 3 NEXT
山本拓実
梅津晃大
与田剛
中日ドラゴンズ
上林誠知
馬場皐輔
熊谷敬宥
平沢大河
佐藤世那
郡司裕也
大野雄大
柳裕也
甲斐野央
上茶谷大河

プロ野球の前後のコラム

ページトップ