炎の一筆入魂BACK NUMBER

無観客試合で意気消沈の鈴木誠也。
果たして“スーパーセイヤ”化なるか? 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/06/16 11:40

無観客試合で意気消沈の鈴木誠也。果たして“スーパーセイヤ”化なるか?<Number Web> photograph by Kyodo News

極端に重いマスコットバットを振ってのティーバッティングで汗を流す鈴木誠也。

鈴木誠也の最終形態はいかなるものか?

 プロ入りし、若くしてレギュラーとなり、今では日本を代表する打者となった。必死に努力すればエリートを超えることもある。

 '16年は25年ぶり優勝に貢献。'18年は4番として3連覇に導き、'19年はプレミア12で世界一にも輝いた。

 戦えば戦うほど強くなり、手強い相手との対戦によって、また強くなってきた。

 右足首を骨折する大けがをしたときには「変わらないといけないことなんだと思う」と現実を受け入れて前に進む力に変えたように、コロナ禍でのシーズンも次なるステージに上がるための試練なのかもしれない。

「スーパーサイヤ人」が何段階も進化を遂げたように、プロ野球界の戦闘種族、鈴木セイヤの最終形態もまだ見えていない。

 6月19日、プロ野球選手としての新たな章が幕を開ける。

関連記事

BACK 1 2 3
鈴木誠也
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ