フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サッカーの偉大な記録を打ち立てた、
女子クラブ・コリンチャンスの奇跡。 

text by

エリック・フロジオ

エリック・フロジオEric Frosio

PROFILE

photograph byFacebook SC Corinthians Paulista

posted2020/05/30 11:30

サッカーの偉大な記録を打ち立てた、女子クラブ・コリンチャンスの奇跡。<Number Web> photograph by Facebook SC Corinthians Paulista

写真は昨年10月にコパ・リベルタドーレスを制覇した時のもの。“コリンチャンス・マシン”の快進撃は続く。

女子部門が無いクラブは活動できないという新規則。

 マシンは極めてうまく機能した。パートナー関係にあったオウダックスと2018年はじめに完全分離してから、コリンチャンスの女子部門は激しい競争の中に身を置いている。それは女子サッカーの発展のため新たな規則を制定したCONMEBOL(南米サッカー連盟)とCBF(ブラジルサッカー連盟)のルールに沿ったものであり、そのシステムがクラブを一気に飛躍させたのだった。

 規則自体はとてもシンプルだった。

「国内大会および国際大会に参加するクラブは、女子部門も持たねばならない」

 というものである。

 ほとんどのクラブは、これにより急遽女子チームを立ち上げた。

 コリンチャンスは違った。

 サンパウロ近郊のオサスコに本拠を置くオウダックスとの提携を続けてきたコリンチャンスには、すでに女子チームに関する経験とノウハウの蓄えがあった。そして新たなチームの命運は、男子チームのコリンチャンスで働いていた、かつて女子サッカーのアマチュア選手としてプレーし、マネジメントの経験も豊富だったクリス・ガンバレに委ねられたのだ。

白紙委任状が託されたディレクターの思惑。

 コリンチャンスの女子部門のディレクターに任命されたガンバレには、(選手を除く)19人の職員を統括しながら野心的なプロジェクトを遂行していくための白紙委任状が与えられたのだった。彼女は語る。

「女子部門を出来る限りプロ化することで、私たちは新たな次元に到達した。自分が尊敬され評価されているとわかったら、選手は持てるポテンシャルのすべてを発揮するでしょう」

 アンドレス・サンチェス会長の積極的なサポートにより、コリンチャンス女子部門は発展していくためのあらゆる手段を得ることができた。その第一が、名門チームの名前に相応しい練習場だった。

「ブラジルでこれだけのことが実現したのが凄い。素晴らしいピッチと優れたアカデミーができたのだから」とアルツール・エリアス監督は述べている。

 試合の日には、5000人収容の古びたパルク・サンジョルジ・スタジアムに女性たちが詰めかける。そして決勝ともなると、11月16日のサンパウロ州選手権決勝には、なんと3万人の熱狂的なサポーターが集まった。もちろんブラジル国内における女子サッカーの最多観客記録だった。

【次ページ】 有能で、十分な権限を持ったガンバレの活躍。

BACK 1 2 3 4 NEXT
コリンチャンス
オウダックス
クリス・ガンバレ
アルツール・エリアス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ