マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト指名ボーダーの選手たちを
大学の監督が自らプレゼン!1/4

posted2020/05/25 11:30

 
ドラフト指名ボーダーの選手たちを大学の監督が自らプレゼン!1/4<Number Web> photograph by Hachinohe Gakuin University

八戸学院大学の4年生、大道温貴。大学通算20勝5敗、150kmのスピードはプロの目にどう映っているだろうか。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hachinohe Gakuin University

「2020ドラフト」は大学生が主役になる。そんな予感……いや、確信に近い感覚があった。

 今年の春先時点で、ざっと数えて60~70名の大学選手が、ドラフト候補として名前を挙げることができた。

 例年に比べて、高校、社会人に人材が薄いことが予想されたこともあり、大学選手の指名は、さらに増えることも十分考えられた。

 今、「学生球界」の裾野は果てしなく広い。

 6月の「全日本大学野球選手権」では、全くノーマークの隠れた逸材が何人も現れて驚かされるのは、毎年のことだ。

大学の監督自ら、選手たちを紹介。

 高校野球なら甲子園にあたるその大学選手権が中止になり、各地の春の大学リーグ戦も次々と見合わせになる中で、「この春」を、目指すプロ球界にスキルをアピールするチャンスにしようと腕を撫していた大学4年生たちは、悔しいかな、その場を失いつつある。

 そこで、このコラム空間を使って、彼らを丹精込めて教え導いてきた監督さんたちに、選手たちの特筆すべき部分を語っていただき、グラウンドに代わる「アピールの場」にしていただこうと考えた。

 磨き上げた技能とパワーを披露しきれないもどかしさ。それでも「頂上」を目指す熱い思いがいくらかでも届くことを願いながら。  

 北からいこう。

 北海道には、伊藤大海(投手・苫小牧駒澤大)がいるが、彼はすでに押しも押されもせぬドラフト1位候補。あらためて「プレゼン」の必要はなさそうだ。  

 ここでは、この春にもうワンプッシュ! ドラフト指名ボーダーライン線上の選手たちを挙げてみた。

【次ページ】 青森大で本格的に投手を始めた才能。

1 2 3 4 5 6 NEXT
遠藤暉世己
三浦忠吉
正村公弘
大道温貴
中道佑哉

大学野球の前後のコラム

ページトップ