プロ野球亭日乗BACK NUMBER

プロ野球「6月19日開幕」なるか?
実現に向けたロードマップを探る。

posted2020/05/11 20:25

 
プロ野球「6月19日開幕」なるか?実現に向けたロードマップを探る。<Number Web> photograph by KYODO

昨年のプロ野球開幕戦、マツダスタジアムでの広島対巨人の様子。早くこのようにファンが詰めかけられる状況に戻って欲しい。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 決して先走ることはしない。しかし静かにプロ野球は6月19日開幕に向けて水面下で準備を進めることになった。

 プロ野球の12球団代表者会議が5月11日に行われ、7月に予定されていたオールスター戦とフレッシュオールスター戦の中止を発表した。同時に明確な日にち設定はしなかったが「来月の半ばから下旬のどこかで開幕を目指そうと12球団が一致している」(NPB・斉藤惇コミッショナー)と最短で6月19日の開幕を目指して動き出すことになった。

「現時点では開幕日を決定するのは難しい」

 12球団代表者会議に先立って行われたNPBとJリーグで共同設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第7回会議では、緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことなどを受けて専門家グループから「まだ予断を許さない状況」と提言がなされプロ野球の開幕、Jリーグの公式戦再開日程の確定は見送ることとなった。

 緊急事態宣言が延長される中で最大の感染者数を出している東京でも11日現在で6日連続で新たな感染者数が50人以下に抑え込まれるなど、自粛の成果ともとれるデータは出始めている。

 その中でプロ野球に関しても一部で6月19日開幕の可能性を報じる報道があり、一気にムードは高まっていた。

 ただ、その一方で「対策連絡会議」の賀来満夫議長(東北医科薬科大大学)からは終息傾向にあった韓国でクラスターが発生するなど、世界的には再流行の気配も出ていることなどを挙げて予断を許さない状況下であることを指摘された。

 その結果、「現時点では開幕日を決定するのは難しい」という意見が出されて、開幕日の決定は見送られることになった。

【次ページ】 “自粛生活”表明の社会的な意義。

1 2 3 NEXT
斉藤惇
原辰徳
読売ジャイアンツ
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ