サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

腐ったミカン騒動に加茂監督更迭。
W杯初出場をめぐる日本代表事件簿。 

text by

川端康生

川端康生Yasuo Kawabata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/04/28 07:00

腐ったミカン騒動に加茂監督更迭。W杯初出場をめぐる日本代表事件簿。<Number Web> photograph by Kyodo News

日本代表監督をめぐって大きな議論を巻き起こした長沼健会長(当時、右)と加茂周監督。カザフスタン戦後に衝撃の更迭劇が起きた。

UAE戦後、群衆とカズが一触即発。

 だから、あの騒乱になった。

 試合後の国立競技場正面ゲート。鉄柵の向こうから投げ込まれる鉄パイプ、テレビ中継車の上で暴れるサポーター。そんな群衆に「こっちへ来い」と怒鳴って挑みかかろうとするカズ、懸命に止める報道陣。そんな混乱の現場に、投げ込まれた何かがぶつかる金属音とパトカーのサイレンが響いていた。

 みんなぎりぎりだった。選手もサポーターも、そして報道陣も、4年分の願いと祈りを抱えて戦いに乗り込み、そして薄れていく希望とやるせなさに堪えきれなくなっていた。真剣で切実だったからこそ、暴発するエネルギーも大きかった。

ジョホールバルで井原、秋田が。

 その後の顛末はご存じの通りである。グループリーグの残り2戦、韓国、カザフスタンに連勝し、2位に返り咲いた日本代表はプレーオフに進出(韓国がすでに1位突破を決めていたことと、UAEが勝ち点を伸ばせなかったことが大きかった)。

 そしてジョホールバルでイランと激突し、岡野雅行のVゴールで、日本サッカー史上初めてのワールドカップ出場をつかむことになる。

 あの日のジョホールバルは(大袈裟ではなく)青く染まっていた。地元の老人が「こんなに日本人が大挙してやってきたのは戦争以来だ」と苦笑していた。確か昼と夕方に2度スコールがあった。弾丸ツアーでやってきたサポーターたちは激しい雨に濡れながらキックオフを待っていた。

 選手がスタジアムに到着したときにはスタンドは本当に完全に真っ青だった。そんなスタンドを一緒に見渡して、報道陣が「ホームだよ、これ」、「絶対、大丈夫」と言い、井原正巳や秋田豊が「ホームだよね」、「大丈夫だよね」とうなずいた。

 そういえば、スタジアムには「翼をください」が響いていた気がする。4年前のドーハで歌われた「上を向いて歩こう」もよかったが、<日本の歌はやっぱりいい>と取材ノートに書きつけながら僕も口ずさんでいた。

 そしてキックオフからおよそ120分後――。

 気がつくと、両手を突き上げていた。ピッチでは選手が飛び跳ねたり、抱き合ったり、倒れこんだりしている。そんな選手の向こうに真っ青な歓喜があった。

 これ以上ないほどパーフェクトなラストシーンだった。

 まさしく<We did it!>。そんなエンディングだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
加茂周
岡田武史
三浦知良
ネルシーニョ
岡野雅行
井原正巳
秋田豊
長沼健

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ