スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

19歳メッシが神となったクラシコ。
衝撃ハットトリック、目撃の記憶。

posted2020/04/12 11:50

 
19歳メッシが神となったクラシコ。衝撃ハットトリック、目撃の記憶。<Number Web> photograph by AFLO

先代のバルサ10番ロナウジーニョとエトーが称える。それほどまでにメッシのクラシコでのハットトリックはすさまじかった。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

AFLO

『Sports Graphic Number』は創刊1000号を迎えました。それを記念してNumberWebでも執筆ライター陣に「私にとっての1番」を挙げてもらう企画を掲載します! 今回はスペインサッカーを中心に取材する工藤拓氏。同氏が挙げたのは19歳のリオネル・メッシが神となった「クラシコ」について――。

 外出禁止令のおかげで時間を持て余し、家で断捨離をしていたら懐かしいものが出てきた。引き出しの奥に10数年も眠っていた、昔の観戦チケットである。

 そのほとんどはバルセロナに移住して間もない2006-07年のもので、プリントされた文字がほとんど消えてしまっているものもある。

 あの試合は無事だろうか。ふと思い出し、探し当てたその1枚は、幸いまだはっきりと読み取ることができた。

 JORNADA:26 TEMPORADA:06/07
 FC BARCELONA-REAL MADRID CF

 2006/07シーズンのリーガ・エスパニョーラ第26節。2007年3月10日に行われたバルサホームのエル・クラシコは、激しい打ち合いの末に3-3のドローで幕を閉じた。

今も語り継がれる伝説のクラシコ。

 初めてカンプノウで観戦したこのクラシコは、当時19歳のメッシが初めてハットトリックを記録した一戦として、今も語り継がれている。

 あの日の夜、カンプノウのスタンドは9万8000人弱のファンで埋め尽くされた。文字通りの超満員だ。馴染みのイムノが流れはじめると、そのスタンドが青、赤、黄色のモザイクで彩られた。

 両ゴール裏には「BARCA!」の文字。メインスタンドにはカタルーニャ州旗と同じ赤と黄色の縦縞、バックスタンドには巨大なバルサのエムブレムが浮かび上がる。自分はその右上、青とえんじ色の背景の一部を担っていた。

 22時。ウンディアノ・マジェンコ主審のホイッスルと共に、バルサのキックオフで試合が始まった。

【次ページ】 バルサ、マドリーともに散々な状況。

1 2 3 4 NEXT
バルセロナ
リオネル・メッシ
ロナウジーニョ
サミュエル・エトー
アンドレス・イニエスタ
レアル・マドリー
イケル・カシージャス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ