JリーグPRESSBACK NUMBER

「浦和も大事な故郷になったから」
ポンテとレッズ、最強の相思相愛。

posted2020/04/09 11:30

 
「浦和も大事な故郷になったから」ポンテとレッズ、最強の相思相愛。<Number Web> photograph by Getty Images

2007年のJリーグMVPに輝くなど、「ロビー」ことポンテのプレーは浦和サポーターのハートをつかんだ。

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

『Sports Graphic Number』は創刊1000号を迎えました。それを記念してNumberWebでも執筆ライター陣に「私にとっての1番」を挙げてもらう企画を掲載します! 今回は浦和レッズやドイツサッカーを中心に取材する島崎英純氏による、ロブソン・ポンテ秘話。スキルも人間性も素晴らしかった名手の逸話は、浦和サポーターならずとも必見です。

 2005年7月15日、浦和レッズはドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンでプレーしていたロブソン・ポンテと2006年1月1日までの半年契約を交わした。

 当時の浦和は、エースストライカーだったFWエメルソン(マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ)が急遽カタールのアル・サッドへ移籍したことで戦力補強が急務だった。そこへ28歳のバリバリのブンデスリーガーがやってくるというのだから、その期待感で胸が高鳴ったのを覚えている。

 ここからは、ポンテのことを尊敬と愛着の念を込めてニックネームである“ロビー”と記述する。

「新しい背番号10の姿をお見せする」

 前シーズンのチャンピオンズリーグでレアル・マドリーを4-1(2戦合計)で下したチームの一員だったロビーが浦和へやってきたのには、幾つかの運、そして必然がある。当時のロビーはレバークーゼンとの契約交渉が難航して新天地での戦いを模索していた。そんなとき、元ドイツ代表DFのギド・ブッフバルトが指揮を執る日本のクラブへの移籍を代理人から打診された。

「最初は『(この代理人は)良い話ばかり言って、僕をだまそうとしてるのかな』なんて、勘ぐったりもした(笑)。でも、実際に日本へ来てレッズへ加わったら、こんなに良いクラブはないと思えたんだ。今では、その代理人に感謝しているよ」

 浦和に来て初めてロビーと話したときの会話は今も鮮明に覚えている。もちろんポルトガル語通訳を介してだが、「浦和にはエメルソンという背番号10の選手がいたが……」という質問に対し、彼は堂々とした態度でこう応えたのだった。

「浦和に素晴らしいブラジル人ストライカーが居たことは知っている。でも、彼と僕は違う。約束するよ。僕はこれから、君たちに新しい背番号10の姿をお見せする」

【次ページ】 Jデビュー戦で正確無比なゴール。

1 2 3 4 5 NEXT
ロブソン・ポンテ
浦和レッズ
ワシントン
小野伸二
山田暢久

Jリーグの前後のコラム

ページトップ