JリーグPRESSBACK NUMBER

2019年ルヴァン決勝、川崎を救った
中村憲剛と小林悠、家長昭博の真髄。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2020/04/07 11:30

2019年ルヴァン決勝、川崎を救った中村憲剛と小林悠、家長昭博の真髄。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

PK戦を制した後の川崎イレブン。歓喜の小林悠に笑みを浮かべる中村憲剛、背中で語る家長昭博。それぞれの“らしい”姿だった。

阿部「こんな試合、もうないでしょ」

 試合後、阿部浩之は「こんな試合、もうないでしょ。何回負けたかと思ったか」とおどけていたが、全くもって同感である。タイトル戦で毎回こんな劇的な試合をされたら、観ている側の心臓に悪いので勘弁してくれと思う。

 一方で中村は「いろんなことが起こりすぎて、わけがわからないです」と笑っていた。初めての決勝に挑んだ2007年から12年目でようやく掲げることができた聖杯。その勝因として彼が胸を張ったのは、王者としての経験値だった。

「結果論ですけど、リーグを獲ってチャンピオンになった経験というのは、最後の最後まで折れずにやりきったという意味で生きたと思う。カップ戦も、これだけ最後まで紆余曲折があった中で、最後にもぎ取った。それはクラブに間違いなく受け継がれていくと思う。若い選手も出ていたし、彼らにとっても大きかった。最高の気分です」

 こうして令和最初のタイトルマッチは幕を閉じた。

心の中に熱が残るようなお祭りを。

 そして、あらためて思う。

 カップ戦の決勝とは、やはりひとつのお祭りだ。

 両チームの選手からすればタイトルをかけた大勝負だが、観る者にとっては、リーグ優勝が決まる試合とも違う雰囲気を楽しむ舞台でもある。勝者と敗者に色分けされるのは残酷だが、激闘であればあるほど記憶には刻まれ、祭り後の熱もどこか心には残っているものだ。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、Jリーグという日常が失われた日々は、まだ少し続きそうである。こんな心の中に熱が残るようなタイトルマッチを、スタジアムで見られる日がまた来ることを願っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
川崎フロンターレ
中村憲剛
小林悠
家長昭博
山村和也

Jリーグの前後の記事

ページトップ