JリーグPRESSBACK NUMBER

湘南DJ、K-1、世界まる見え。
声の表現者・三村ロンドの流儀とは。

posted2020/04/05 11:50

 
湘南DJ、K-1、世界まる見え。声の表現者・三村ロンドの流儀とは。<Number Web> photograph by Ryohei Hayashi

2014年から湘南ベルマーレのスタジアムDJを務める三村ロンド氏。アウェイの地まで足を運び、サポーターとともにベルマーレを応援している。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

Ryohei Hayashi

 開幕戦となった湘南ベルマーレ対浦和レッズの選手紹介。シーズンの開幕を待ちわびていたファン・サポーターがひしめくスタジアムに、その声は響き渡っていた。

「プログレッション・トゥ・ザ・ビクトリー 湘南ベルマーレ!!」

 迫力のある低音と朗々とした口調から紡ぎ出される言葉。スタジアムごとに独特な演出を加えた選手紹介が目立つ昨今、その日もひと際目立つパフォーマンスで会場を1つの劇場空間に変化させていたのが、湘南のスタジアムナビゲーターを務める三村ロンドだ。

 湘南の会場を一体にする演出は実におもしろい。「ピッチに上がる1時間前までは、アウェイのお客さんを含めて楽しませようと考えている」と三村が説明するように、試合前はインスタライブでスタジアムグルメを紹介したり、マイクを使って相手チームとの過去話に花を咲かせたりと、「深夜のAMラジオ」風に楽しい空間を作り出している。

 そして選手紹介では一気にホーム色が強くなる。三村が選手の名字を読み上げ、サポーターが名前を声に出す「コール&レスポンス」で会場を盛り上げれば、映像を使った演出で試合への期待感を煽る。そうしてスタジアムの熱気が高まったところで、選手たちの激しい戦いが繰り広げられていくのである。

スタジアムDJの中で異彩を放つ三村。

 試合の際にスタジアムにおいて選手紹介や場内アナウンスを行う人物。いわゆるスタジアムDJと呼ばれる仕事は、サッカーに限らず、野球やバスケットボールなど、スポーツ興行を構成する要素の1つだ。基本的には地方局のラジオパーソナリティーやローカルタレントが務めることが多く、地元色の強いポジションと言える。

 そこで異彩を放っているのが三村である。

 日本テレビの情報番組『シューイチ』、ドキュメンタリーバラエティ番組の『世界まる見え!テレビ特捜部』、音楽番組『バズリズム02』……。

 急にどうしたと思われたかもしれないが、これらの番組に耳を傾けると気づくことになる。実は、どの番組も三村がナレーションを務めているのだ。

【次ページ】 スポーツとの出会いは世界ラリー選手権。

1 2 3 4 NEXT
湘南ベルマーレ
三村ロンド

Jリーグの前後のコラム

ページトップ