有料記事一覧ページ新設のお知らせ

ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ドラフト9位→主将、ポスト筒香に。
DeNA佐野恵太「ピンチで仕事を」 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2020/03/29 11:30

ドラフト9位→主将、ポスト筒香に。DeNA佐野恵太「ピンチで仕事を」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

1994年11月28日、岡山県生まれ。広陵高、明治大を経てドラフト9位でDeNA入団。

真剣さが伝わる佐野の言葉。

 佐野は明るくポジティブな人間だ。声出しのときはユーモアを交えチームメイトの爆笑を誘い、巧みなステップからなるコミカルな“佐野ダンス”はファンの間ではすっかり有名だ。ただ、記者からインタビューを受けるときの佐野は、いたってシリアスである。ほとんど笑うことなく、言葉を選び真摯に答えてくれる。それはルーキー時代から変わることはなく、野球に対する真剣さがひしと伝わってくる。

 だからこそキャプテンと4番という立場は重荷なのではないだろうか。どこかでパンクしてしまうのではないかと心配になってくる。

「いやパンクしないように手加減してやれるほど余裕はないですし、手を抜けるほど自分をコントロールしてきた経験があるわけじゃないですからね。だからまずは思い切って100パーセントでやるしかない。それでもしパンクしてしまったら、そこまでの器だし、そのときは誰かが助けてくれるのかなって」

新主将の力が試される2020年。

 最後ぽつりと「助けてくれる」と佐野は言ったが、それは自身の弱さを吐露したわけではなく、チームメイトへの強い信頼が感じられた。ベテランから若手まで今のDeNAには、昨シーズン優勝争いを経験した成熟したメンバーが揃っている。25歳の新キャプテンに対し誰もが「自分らしくやってほしい」と考えているはずだ。

「自分の役割は、勝っているときよりも負けが込んできたとき、チームが苦しくなったとき先頭を切っていいムードに戻すことだと思っているんです。ピンチのときこそ、自分が一番仕事をしなくちゃいけない」

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、シーズン開幕が不透明な状態になっている。例年とは異なる慣れぬ状況での調整となり、選手たちは苦労を強いられている。まさにシーズン開幕前に訪れたピンチ。早くも佐野の力が試されるタイミングだと言ってもいい。

 22年ぶりのリーグ優勝と日本一を目指すベイスターズは、いいスタートを切ることができるのか。新キャプテンの度量と行動力に期待したい。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
佐野恵太
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
高田繁
筒香嘉智

プロ野球の前後のコラム

ページトップ