ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ドラフト9位→主将、ポスト筒香に。
DeNA佐野恵太「ピンチで仕事を」

posted2020/03/29 11:30

 
ドラフト9位→主将、ポスト筒香に。DeNA佐野恵太「ピンチで仕事を」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

1994年11月28日、岡山県生まれ。広陵高、明治大を経てドラフト9位でDeNA入団。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

「予定の人数を超えてしまうけども、もうひとりいいか?」

 2016年10月20日、グランドプリンスホテル新高輪で行われた第52回ドラフト会議。横浜DeNAベイスターズのゼネラルマネージャーだった高田繁は、テーブルを見回しそう語りかけた。濱口遥大を筆頭に予定していた8名の選手の指名を終えるところだった。

 同じテーブルを囲んでいた球団代表に就任したばかりの三原一晃は、高田GMの一言に次のように答えたという。

「後悔するのは嫌ですから獲りましょう」

 こうして明治大学の佐野恵太は、ドラフト9位でDeNAに指名された。支配下登録選手として全体で87人中84番目、セ・リーグでは最後の指名だった。

 三原代表は振り返る。

「かなり悩んだ選手だったので高田前GMの言葉がなかったら、獲得していなかったかもしれません。今思えば、本当に獲って良かった。一番喜んでいるのは、担当スカウトだと思いますよ」

代打育成、高田前GMの狙い。

 4年目の今シーズン、佐野はDeNAの新キャプテンに選ばれ、一気に注目を浴びることになった。

 広陵高校出身の佐野は明治大へ進むと、リーグ戦で63試合に出場。4番に座ることもあり通算6本塁打、33打点を挙げている。ドラフトの順位が物語るように、成績だけ見れば中庸な選手だった。

 高田前GMの狙いは次世代の代打育成である。当時のDeNAの代打といえばベテランの後藤武敏と下園辰哉が務めており、彼らにつづく存在が育っていなかった。主にファーストを守っていた佐野だったが、打撃に光るものがあり獲得に至ったという。

【次ページ】 佐野を見出したラミレス監督。

1 2 3 4 NEXT
佐野恵太
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
高田繁
筒香嘉智

プロ野球の前後のコラム

ページトップ