ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ドラフト9位→主将、ポスト筒香に。
DeNA佐野恵太「ピンチで仕事を」 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2020/03/29 11:30

ドラフト9位→主将、ポスト筒香に。DeNA佐野恵太「ピンチで仕事を」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

1994年11月28日、岡山県生まれ。広陵高、明治大を経てドラフト9位でDeNA入団。

筒香の後を継ぐ“4番・レフト”。

 そして今シーズン、佐野はキャプテンに加え、“4番・レフト”という昨季、筒香嘉智が務めていた重責を担うことになった。まだレギュラー獲得に至っていない選手としては異例の抜擢であり、ドラフト9位から始まった佐野のプロ野球人生は、まさにシンデレラストーリーと言ってもいいだろう。

 佐野は、これまでを振り返り語る。

「プロになったとき、まわりから順位は関係ないよって言われたんですけど、事実、打てば使ってもらえるし、打てなければ使ってもらえない。その言葉の意味がやっとわかってきたというのはありますね。すでに同世代の選手がプロから去っていく姿も見ていますし、本当に順位は関係ないんだなって実感しています」

 そして、ラミレス監督という重要な存在についてつづけた。

チームの戦術や方針が違ったら……。

「もしラミレス監督でなかったら、自分はここまで使ってもらえたのかと思うことがあるんです。正直、守備や走塁のレベルは高くありませんし、もしかしたらチームの戦術や方針が違えば打つだけの僕にチャンスはなかったかもしれない。そういう意味で監督には感謝していますし、期待に応えたいと思っています。間違いなく言えるのは、打てないときであっても監督が粘り強く使ってくれた経験が、打席のなかでの落ち着きやピッチャーと向かい合える精神状態を作ってくれたということです」

 オープン戦で佐野は晴れて4番に座ると、序盤調子が上がらなかったものの徐々に感覚をアジャストさせ12球団トップの11打点を挙げた。この勝負強さに対しラミレス監督は「何日か前まで佐野が4番で大丈夫かという声もあったが、もはやそういった心配は吹き消すことができた」と、我が意を得たりといった表情を見せた。

【次ページ】 真剣さが伝わる佐野の言葉。

BACK 1 2 3 4 NEXT
佐野恵太
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
高田繁
筒香嘉智

プロ野球の前後のコラム

ページトップ