All in the Next ChapterBACK NUMBER

大谷翔平から「頑張ってるね」って。
プロ生活3年、25歳が選んだ再起。

posted2020/03/29 20:00

 
大谷翔平から「頑張ってるね」って。プロ生活3年、25歳が選んだ再起。<Number Web> photograph by Daiki Tanaka

1994年5月2日、富山県生まれ。星稜高出身で左の長距離砲であることから「ゴジラ2世」の異名もとった。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Daiki Tanaka

「10年後、大谷に『がんばってるな』って言ってもらいたい」

 これから学びの場となる机の前で、未来の自分について柔和な表情で語ったのは、森山恵佑。1994年生まれの、球界ではいわゆる大谷翔平世代だ。星稜高から専修大へ進学し、2016年ドラフト4位で北海道日本ハムファイターズに入団した。先にプロの世界に進んでいた同い年の大谷と、同じチームでプレーした。

「彼は別世界の存在でした。途中からいちファンとして見ていた気がします。ファイターズに入団して挨拶した時、花巻東と星稜が練習試合で対戦したことを覚えてくれていた。僕は4打数4三振でしたけど。覚えてくれていたこと自体、本当に嬉しかった」

1年目、二軍でホームラン王に。

 森山は188cmの身長に甘いマスクで人気は高く、大谷と同じ左の長距離打者として二軍で活躍。ルーキーイヤーはイースタンリーグで18本塁打を放ち、本塁打王を獲得した。将来を期待される外野手として、1年目は一軍出場を5試合経験。しかし、2年目、3年目と一軍出場はなく、昨年10月に戦力外通告を言い渡された。

「球団から電話があり、『スーツで球団事務所に来てほしい』と言われました。そういうこと(戦力外通告)だろうと思いました。その時は次のことを考える余裕はありませんでした」

 弱冠25歳での戦力外通告。たった3年のプロ生活。それは厳しい現実だった。

「最後のシーズンの後半ぐらいですかね、もうクビになるかもしれないと思い始めたのは。でも、その気持ちは誰にも言えませんでした。自分がいたのは試合に勝つための集団ですから、その環境で『自分はクビになるかもしれない』だとか『次の人生をどうすればいいのか』だなんて、とても周囲に相談できる空気ではありません。グラウンドでプレーする時はそんなことも忘れてしまうんですけど、グラウンドから離れるとまた不安と葛藤が襲ってきました」

 生まれてから、気がつけば野球に没頭していた人生。やはり野球が好きで、野球で得る感動は格別だった。

【次ページ】 森山が選んだ「学び直し」。

1 2 NEXT
森山恵佑
北海道日本ハムファイターズ
大谷翔平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ