バレーボールPRESSBACK NUMBER

ドイツでの半年で変貌した川口太一。
同級生・石川祐希らに刺激も受けて。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byYusuke Kurosawa

posted2020/03/26 19:00

ドイツでの半年で変貌した川口太一。同級生・石川祐希らに刺激も受けて。<Number Web> photograph by Yusuke Kurosawa

昨季のフィンランドに続き、今季も海外でプレーした川口。プレーヤーとしてだけでなく、1人の人間としての視野も広げた。

自宅待機中も「問題ありません」

 現在は、ヨーロッパからの帰国者に要請された14日間の自宅待機中だ。アスリートが2週間も外で練習できない状況には、相当な不安があるのではと思ったが、川口は「苦にならない」と言う。

「バレーの練習はできませんが、できないならできないで、やることはたくさんある。体を維持するためのトレーニングはもちろん、今はオンラインでスポーツ心理学や脳科学を勉強することもできます。やることはたくさんあるので、問題ありません」

 どんな状況に置かれても、今の川口には“可能性”しか見えない。

「みんな違って当たり前」

 そこから始まり、唯一無二のバレーボーラーへ。ドイツでのこの半年間は、川口の人生にとって大きな転機となりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
川口太一
ロッテンブルク
ウルフドッグス名古屋
星城高校
石川祐希
柳田将洋

バレーボールの前後の記事

ページトップ