欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ルーニー“帰還”でマンUサポ歓喜。
「白いペレ」に捧げた温かな曲。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/03/25 11:00

ルーニー“帰還”でマンUサポ歓喜。「白いペレ」に捧げた温かな曲。<Number Web> photograph by Getty Images

ひげを蓄えてユナイテッド戦に臨んだルーニー。オールドトラッフォードのファンはその雄姿に喝采を送った。

ファーガソンは用意周到だった。

 コンディションが万全に見えても、試合には投入しない。2004-05シーズン開幕後は、ベンチにすら入れないケースもあった。

 完全実力主義者のファーガソンはクラブ内のヒエラルキーなど気にせず、力のある者にチャンスを与えて名将の地位を築いたが、ルーニーのデビューだけはやけに慎重だった。

 しかし、サー・アレックスが用意周到だった、とも考えられる。なぜなら、ルーニーの移籍が決定したのは2004年8月31日の夕方。移籍市場が閉まる7時間ほど前のことだった。

 試合から1カ月半ほど遠ざかり、新シーズンに向けたエバートンの練習にも数えるほどしか参加していない。ユナイテッドのトップチームで闘うだけのフィットネスは、明らかに不足していた。

 しかもルーニーは太りやすい。練習メニューを少しでも軽くすると、せっかく落ちた体重が元に戻ってしまう。それでも彼は泣き言ひとつ口にしなかった。他の選手よりも厳しい練習に耐え、ただひたすら自分を追い込んでいった。

CLでいきなりのハットトリック。

 そしていよいよ、デビューのときがやって来た。9月28日、チャンピオンズリーグのフェネルバフチェ戦である。

 多くのメディアがヘッドラインに用いた「センセーショナル」という表現が陳腐なほどの衝撃だった。あるときは獰猛に、またあるときは細心に、デビュー戦でいきなりハットトリック!

 ルーニーは一躍注目の的になった。このシーズンはプレミアリーグでも11得点・2アシスト。イングランドの、いや世界的なストライカーとして、その才能を輝かせるに違いないと、だれもが信じて疑わなかったのだが……。

【次ページ】 パク・チソンとともに幅広くカバー。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ウェイン・ルーニー
マンチェスター・ユナイテッド
ダービー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ