熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

ロナウジーニョ逮捕劇の一部始終。
40歳誕生日はパラグアイ留置所か。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2020/03/10 20:30

ロナウジーニョ逮捕劇の一部始終。40歳誕生日はパラグアイ留置所か。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

パラグアイでの取り調べ後のロナウジーニョ。サッカーファン誰もがこんな姿を見たくなかったはずである。

現地では今も絶大な人気だけに。

 昨年12月、筆者はブラジル北東部マセイオでロナウジーニョとマルタ(ブラジル女子代表のエース)が出場するチャリティーゲームを取材した。

 その際、地元メディアと大勢のファンからもみくちゃにされるなど、相変わらずの人気者で、ピッチでも現役時代さながらの華麗なプレーを見せる姿を目の当たりにしている。それだけに、今回の事件には大きな衝撃を受けた。

 引退後、スポーツ選手は第二の人生で迷走する者が少なくない。とはいえ、手錠までかけられるケースは多くない。

 何かが、ひどく間違っている。

 兄のアシスともども、今後、ロナウジーニョには生活を根本的に立て直してもらいたい。

 そして、また時折、あの遊び心満載の美しいプレーと光り輝く笑顔を見せてほしい。そう願わずにはいられない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
ロナウジーニョ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ