プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人、期待薄外国人の評価が急上昇。
オタクのモタとブラジル人ビエイラ。

posted2020/02/23 09:00

 
巨人、期待薄外国人の評価が急上昇。オタクのモタとブラジル人ビエイラ。<Number Web> photograph by KYODO

育成契約だが、紅白戦などで活躍を見せているイスラエル・モタ。今季、一軍に定着できるか(左はキャッチャーの大城卓三)。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 阪神ファンが騒がしい。

 先日、J-WAVEの番組で阪神ファンとして有名なアンジャッシュの渡部建さんとお話をする機会があった。

「ボーアがいいですよ」

 2月になると忙しいスケジュールの合間を縫ってすぐさま沖縄・宜野座で行われている阪神キャンプを観に行ったという渡部さん。絶賛していたのが、新外国人のジャスティン・ボーア内野手だった。

「雰囲気がバースにそっくりなんですよ」

 確かに棒立ち気味の構えから、グリップを少し下げて始動する仕草などは、どことなく伝説の助っ人選手だったランディ・バース内野手に似てなくもない。

「センターから逆方向への打球に飛距離があるしバース2世の可能性を感じました」

 そう熱弁を振るう渡部さんに思わず言ってしまったのが、2年前のこの時期にトラファンを熱狂させたウィリン・ロサリオ内野手のことだった。

1年限りでチームを去っていった。

 当時の金本知憲監督だけでなく、キャンプを訪れた評論家もこぞって大絶賛。

 関西スポーツ紙には「4番任せた!」みたいな見出しが躍った。

 ところが開幕してみれば外角の変化球に全くタイミングが合わないままに1年限りでチームを去っていった。

 実は外国人を巡って、この時期にはこんな話がどの球団でも1つや2つは転がっている。
 

 それくらいにこの時期の外国人選手の評価は、全くあてにはならないということなのである。

【次ページ】 巨人の2人の外国人選手の評判。

1 2 3 4 NEXT
イスラエル・モタ
チアゴ・ビエイラ
原辰徳
阿部慎之助
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ