JリーグPRESSBACK NUMBER

今の神戸は、良くない試合でも勝つ。
酒井高徳「こういう戦い方がある」

posted2020/02/20 11:50

 
今の神戸は、良くない試合でも勝つ。酒井高徳「こういう戦い方がある」<Number Web> photograph by AFLO

終了間際の古橋亨梧のゴールで水原に勝利したヴィッセル神戸。後ろで喜びを爆発させる酒井高徳のジャンプも美しい。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

AFLO

 試合終了の笛が鳴った瞬間、2分前に決勝ゴールを決めた古橋亨梧は自陣に向かい、両手を高く上げ、拳を握りしめ、声をあげた。両ひざをつくその姿からは、この試合の苦闘が伝わってくる。

 そんな古橋と同じようにガッツポーズをし、膝をついたのは酒井高徳だった。古橋のゴールをアシストしている。すぐさま2人は歩み寄り、言葉を交わした。

「『言った通りだろ、1点獲れればそれでいいんだから』って言いました。相手は低い位置でブロックを作り、なかなか崩れてくれず、僕らもそれを崩す形が見いだせなかった。だから、80分くらいに『獲られてもいいから、1対1で仕掛けていいよ。そうやってはがさないと崩れないから』と亨梧に言ったんです。

 そうやって、良くないながらも、勝ちを引き寄せるというか、チャンスを待つというのを意思疎通しながら、2人で共有していたので。思っていた通りに、試合が進んでくれてよかった」と酒井が語った。

神戸には勢いがあった。

 2月19日韓国・水原ワールドカップスタジアムで行われたACLグループリーグ第2節。イニエスタへの注目度が高く、韓国のACLでは珍しく1万7000人をこえる観客が詰めかけた。

 ホームの水原は、第1節が延期となり、Kリーグも2月下旬開幕のため、今季初の公式戦。かたや神戸は、2月8日の富士ゼロックススーパーカップ、そして、ACL第1節と今季3試合目だ。疲労度への不安もあったが、それ以上にチームに勢いがある。

 そんな神戸を警戒しているのだろう。水原の3-4-2-1のシステムは5バックとなり、低い位置にブロックを引き、神戸の攻撃を防ぐ。「相手のシステムに合わせた」というフィンク監督率いる神戸は4-3-3の布陣で挑んだが、思うような攻撃を展開できない。

【次ページ】 酒井「1試合に数回崩せればいい」

1 2 3 4 NEXT
酒井高徳
古橋亨梧
ヴィッセル神戸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ