ラグビーPRESSBACK NUMBER

高校ラグビーの、W杯とは違う味わい。
王者・桐蔭の「個が際立たない」強さ。 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/01/10 19:00

高校ラグビーの、W杯とは違う味わい。王者・桐蔭の「個が際立たない」強さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

初優勝を狙う御所実業を退けた桐蔭学園。松島幸太朗を擁した2010年度両校優勝以来の全国優勝を果たした。

桐蔭、喜べ。御所、悔しがれ。

 桐蔭学園の攻めさせて相手を打ちのめす姿というか思想にスプリングボクスを見た。

 御所実業の機敏な集散と幾何学のごときポジショニングに同じ色のジャージィのオールブラックスを想像した。

 どちらもジャパンのようなハンドリングや小刻みなフットワークを駆使、桜の勇士にも似る闘争心をたたえていた。

 高校ラグビーには「勝った負けたの切実」のもたらす思考と感情の深さがある。桐蔭、喜べ。御所、悔しがれ。「はい次。リセット」なんて簡単に進むな。そこまでの思いの深さ、心の激しい動きが、また新しいラグビーを創造するのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
桐蔭学園高校
御所実業高校

ラグビーの前後の記事

ページトップ