Jをめぐる冒険BACK NUMBER

U-23選手権、ポジション争い構図。
東京五輪の18人に生き残るのは誰? 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/01/09 11:50

U-23選手権、ポジション争い構図。東京五輪の18人に生き残るのは誰?<Number Web> photograph by Kyodo News

アジア各国は東京五輪出場権をかけて必死に戦ってくる。その相手に対して日本は開催国としてのプライドを見せられるか。

各ポジションの争いをまとめると。

 3-4-2-1システムを採用する中で、各ポジションの争いを見ていくと……

 1トップ:小川航基、上田綺世、田川亨介

 シャドー:森島司、食野亮太郎、旗手怜央

 右ウイングバック:橋岡大樹、相馬勇紀

 左ウイングバック:遠藤渓太、菅大輝、杉岡大暉

 ボランチ:田中駿汰、田中碧、松本泰志、齊藤未月

 3バック:渡辺剛、岡崎慎、立田悠悟、古賀太陽、町田浩樹

 GK:小島亨介、大迫敬介、谷晃生

 こうしたポジション分布となる。

 もちろん、18人という人数の少なさを考えれば、複数のポジションをこなすユーテリティプレーヤーの存在価値も高くなる。

 今大会のメンバーで言えば、田川、相馬、遠藤はシャドーをこなし、森島はボランチでもプレーし、橋岡、田中駿、杉岡は最終ラインに入ることもできる。今大会においても、彼らのポリバレントな能力を確認しておきたい。

グループステージから難敵ぞろい。

 日本と同じグループBに所属するのは、サウジアラビア、シリア、カタールの3カ国。2018年8月のアジア大会準々決勝でも対戦し、2-1で辛うじて振り切ったサウジアラビア、2019年2月のアジアカップ決勝でも証明されたように、国をあげた強化・育成に成果が生まれているカタールと同居する厳しいグループで、もちろん、シリアも侮れない。

 つまりサバイバルを懸け、腕試しをするには格好のグループだ。「勝っていくことが個人の評価にも繋がる。この舞台でどれだけやれるか楽しみ」という渡辺剛の言葉は、多くの選手の想いを代弁したものだろう。

 ベストメンバーでないからといって、ここで早期敗退しているようでは五輪での金メダル獲得など、夢のまた夢だろう。五輪の出場権を掴み取るために襲いかかってくる相手を、したたかに返り討ちにできるか。

 初戦のサウジアラビア戦は1月9日の22時15分(日本時間)にキックオフされる。
 

関連記事

BACK 1 2 3
森保一
小川航基
上田綺世
田川亨介
森島司
食野亮太郎
旗手怜央
橋岡大樹
相馬勇紀
遠藤渓太
菅大輝
杉岡大暉
田中駿汰
田中碧
松本泰志
齊藤未月
渡辺剛
岡崎慎
立田悠悟
古賀太陽
町田浩樹
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ