Jをめぐる冒険BACK NUMBER

1つのミスでサッカー人生は変わる。
サウジ戦終盤、共通認識はあったか。

posted2020/01/10 16:30

 
1つのミスでサッカー人生は変わる。サウジ戦終盤、共通認識はあったか。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

初戦を落とした事実は変わらない。だからこそ若き日本代表には、ここからのリバウンドメンタリティーに期待したい。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 果たして、試合の終わらせ方は、チーム内で共有されていたのか――。

 タイで行なわれているU-23アジア選手権。東京五輪のアジア最終予選も兼ねたこの大会に、すでに出場権を獲得している日本もチームの強化、メンバー選考のために参加している。

 そのグループステージ初戦のサウジアラビア戦。1-1で迎えた85分、痛恨のミスが起きた。

 3バックの左に入る古賀太陽が中央の岡崎慎に戻したボールが大きく逸れて相手FWに渡り、懸命に戻った岡崎の足が相手に当たったとしてPKを宣告されたのだ。

 土壇場で許した決勝ゴール。日本は1-2で敗れ、黒星スタートとなった。

「自分の責任だし、最低でも(勝点)1を取らないといけない試合だった。まずは本当にチームのみんなに申し訳ないという気持ちがあります」

 そう言って、古賀は悔しさを滲ませた。

2年前の同大会でも同じパスミス。

 それにしても、あまりに稚拙なミスだった。

 ディフェンスラインで犯した、イージーな失策――。

 思い出されるのは2年前、2018年1月に中国で行なわれた同大会だ。

 この大会のウズベキスタンとの準々決勝でも、ディフェンスラインのパスミスを狙われ、0-4の大敗を喫しているのだ。

 もっとも、このときはまだ、東京五輪代表チームが立ち上げられたばかり。後方からパスを繋いで相手のプレッシャーを剥がすトレーニングを入念に積んでいる最中でもあり、チャレンジのミスとして許容することができた。

 それから8度の海外遠征を繰り返し、多くのミスと引き換えに経験を積み、いよいよ五輪イヤーに突入してもなお、信じられないようなミスが起きた……。

「僕としてはマコ(岡崎)に出したつもりだったけど、明らかにズレてしまった。前にチャレンジするミスならまだいいかもしれないけど、ああいうミスは命取りになるし、実際にその1点で勝点を逃したので、責任をすごく感じています」

【次ページ】 1-1で終わらせるのか、それとも。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

古賀太陽
岡崎慎
田中碧
渡辺剛
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ