欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「ああ、リバプールの一員になった」
南野拓実が移籍初戦で高ぶった瞬間。 

text by

長谷部良太

長谷部良太Ryota Hasebe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/01/06 15:30

「ああ、リバプールの一員になった」南野拓実が移籍初戦で高ぶった瞬間。<Number Web> photograph by Getty Images

デビュー戦こそ持ち味を出し切れなかった。それでも交替時の拍手、クロップ監督の抱擁は南野拓実への期待度の大きさの現れだ。

「目に見える結果が必要」

 昨年10月の欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ。ザルツブルクのユニホームを着た南野は、この日と同じアンフィールドの舞台で躍動した。3-4で敗れはしたものの、1ゴール1アシストの活躍は敵将だったクロップ監督にも大きな衝撃を与え、今回の移籍につながった。

 新天地での挑戦は、控え選手の立場からスタートする。それでも、あの時に輝きを放ったようなプレーを見せ続ければ、自然と序列は上がっていくだろう。実際、南野もこう語っているのだから。

「目に見える結果が必要だと思うし、早くチームが(自分に)何を求めているのかというのを理解して、それを試合の中でやって自分の良さを出していくことが必要かな」

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
南野拓実
リバプール
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ