欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

CLで3連敗から16強進出の逆転劇。
小さなアタランタ、壮大な夢は続く。 

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/12/20 11:45

CLで3連敗から16強進出の逆転劇。小さなアタランタ、壮大な夢は続く。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

セリエAの中小クラブだったアタランタ。一貫した育成スタイルが実を結び、初CLで16強の快挙を成し遂げた。

戦力を維持してチームワーク重視。

 するとそこに有利な状況が重なる。ディナモ・ザグレブとシャフタールとの試合がドローに終わり、彼らはどちらも勝ち点を伸ばせなかったのだ。手痛い3連敗を教訓としたアタランタは、今度はライバルたちを食う立場となった。

 まずはディナモ・ザグレブ。多彩な展開の捻出の仕方で相手に的を絞らせず、逆に守備では完全に相手をはめ込む逆の展開。勝って勝ち点差を詰めるとともに、相手には最終節でマンCに勝たなければならない状況を作った。

 そしてグループステージ最終節、アウェーで行われたシャフタール戦。前半こそ相手の速攻に手を焼いたものの、生え抜きのGKピエルルイジ・ゴッリーニの好セーブもあってスコアレスでターン。そして後半、サイド攻撃を柱に相手の攻略に成功した。

 66分、ゴメスが左サイドをドリブル突破して折り返すと、ティモチー・カスターニェが押し込んで先制。80分にはセットプレーから追加点をあげ、アディショナルタイムには相手のバックパスを拾って完勝した。

 相手に隙を与えない戦術的な守備と、素早く華麗な攻撃への切り替え。そして各選手の頑張り。後半の3節の戦いぶりは、実にアタランタらしかった。終わってみれば「戦力を維持してチームワーク重視で戦う」という目論見通りとなったというわけだ。

ラウンド16、バレンシア戦へ自信。

 12月16日、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われた。引き当てたのは、これまたCLでの経験が豊富なバレンシアだ。

「メガクラブとの対戦は避けられたが、経験豊富な相手だ」

 ペルカッシ会長は地元メディアに相手を評した後で、自らのチームへの自信を口にしている。

「最初の3連敗から、チームは大きく成長できた。ザグレブに0-4で敗れたとき、こんなところに我々が到達できるなんて信じるのは、相当おかしな人ぐらいだっただろう。夢は叶ったのだ」

関連記事

BACK 1 2 3 4
アタランタ
ジャン・ピエロ・ガスペリーニ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ