リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

38歳でハットトリック、時速32km!
ホアキン健在の理由は監督と母親?

posted2019/12/20 11:40

 
38歳でハットトリック、時速32km!ホアキン健在の理由は監督と母親?<Number Web> photograph by Getty Images

2002年日韓W杯での快足ウインガーぶりが懐かしいホアキン。乾貴士が所属した頃にはいい兄貴分役にもなった。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 国際スポーツ研究センターのレポートによると、今季リーガの選手平均年齢は26.76歳。欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)ではセリエA(26.93歳)、プレミア(26.82歳)に次いで高い。

 バルセロナのアンス・ファティ(17歳)やレアル・ソシエダのバレネチェア(17歳)、マジョルカの久保建英(18歳)、バレンシアのイ・ガンイン(18歳)、R・マドリーのロドリゴ(18歳)が台頭する一方で、38歳以上のベテランが3人、35歳から37歳までが8人登録されていることが一因となっているのだろう。

38歳、リーガ最年長ハットトリック。

 そんな年長グループに属するベティスのホアキンが、12月8日のA・ビルバオ戦で偉業を成し遂げた。リーガの「年長者によるハットトリック」記録の更新である。

 1964年3月15日に、かのディ・ステファノが打ち立てた「37歳と255日」を「38歳と140日」に塗り替えたのだ。

 サイドが主戦場のアタッカーではあるもののストライカーではないホアキンにとって、今回はキャリア初のハットトリックでもあった。彼の公式戦出場は当のA・ビルバオ戦を含めて722試合を数えるが、ここまで103得点と決して多くはない。

 ゆえに、ハットトリックを決めた際のリーガの通例に従ってチームメイトにサインしてもらった使用球は、「後生大事にしまっておく」そうだ。本人も「2度目はないだろう」と口にしている。

【次ページ】 以前の直線的なスタイルから変化。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ホアキン・サンチェス
ベティス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ