Beyond The GameBACK NUMBER

2020年のスマイルウォーズ。
~渋野日向子が直面する難問~

posted2019/12/18 15:00

 
2020年のスマイルウォーズ。~渋野日向子が直面する難問~<Number Web> photograph by KYODO

リコー杯女子ゴルフを終え、2019年の賞金女王に輝いた鈴木(右)と渋野。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 笑顔と恐怖の複雑な関係を見事に描いたのは今年のヒット映画「ジョーカー」だった。

 緊張すると場違いな場面で笑い出してしまう中年の大道芸人・アーサーは、周囲に疎外され、次第に行き場を失う。そうしてやがて悪のカリスマ・ジョーカーへと変貌していく。その悲しげな笑いが、次第に狂気を帯びる様を見事に演じたのがアーサー役のホアキン・フェニックスだった。

 人間のダークサイドを描いた名作だったが、そんな映画の世界でなくとも、笑顔の裏側は複雑である。喜びだけではなく様々な感情が交錯するのは、スポーツの世界でも多く見られる笑顔の光景だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1031文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

渋野日向子
鈴木愛
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ