欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

南野拓実「僕はいつも通りです」
CL王者リバプールに敗戦も前向き。

posted2019/12/11 20:00

 
南野拓実「僕はいつも通りです」CL王者リバプールに敗戦も前向き。<Number Web> photograph by Getty Images

昨年のCL王者リバプールに敗れ、グループ敗退となったザルツブルク。それでも南野は確かな成長を実感しているようだった。

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph by

Getty Images

 最後まで声援を送り続けてファンは、試合後も力強く、温かい拍手を我らが戦士たちに送っていた。

 それでも、及ばなかった。立ちふさがったリバプールは、やはり強かった。

 選手たちは天を見上げたり、膝に手を置いたり、立ち尽くしたり、それぞれがそれぞれの思いを消化しようとしていた。試合終了のホイッスルと同時に座り込んだ南野拓実は、すぐに立ち上がると、他のメンバーの誰よりも先にゴール裏のファンに向かって歩き出していた。途中交代したハーランドが駆け寄り、南野と肩を組む。ファンに感謝の拍手を返すなか、その胸に去来するのはやり遂げた満足か、届かなかった悔しさか――。

 チャンピオンズリーグ(CL)初参戦となった今季、ザルツブルクは間違いなく世界のファンに喜びをもたらした。初戦となったホームでのヘンク戦では6得点。2戦目では昨季王者のリバプールを相手にアウェーで3点をリードされながら、歴史に残る追い上げを見せて一度は同点に追いついた。ナポリには2戦とも老獪にいなされてしまったが、アウェーでのヘンク戦にはしっかりと勝利し、最終節まで決勝トーナメント進出の可能性を残せたのは既に大きな成果と言えた。

 とはいえ、選手も監督も、そしてファンも、つかみかけている夢を手放すつもりはない。相手がリバプールだとしても、自分たちを信じて戦い抜く覚悟があったはずだ。

強烈なプレスに「ためらいはない」。

 ハイレベルな試合を戦い続けることで得られる経験を得たザルツブルクは、この6試合で間違いなくチームとして成熟していった。

 この日も試合開始から自分たちのサッカーを前面に押し出した。

 中盤ひし形の4-4-2から相手に強烈なプレスを仕掛ける。ためらいなどまったくない、意志の強さをぶつけていく。

「僕らはそうしないと。それが、僕らの戦い方でもあるし」

 南野はそう自分たちのプレーを表した。

【次ページ】 スッとフリーに、スッと入れ替わって。

1 2 3 4 NEXT
南野拓実
ザルツブルク
リバプール
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ