Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<「山の神」全員集合! スペシャル座談会>
今井正人×柏原竜二×神野大地
「山上りと名ランナーを語ろう」

posted2019/12/12 08:00

 
<「山の神」全員集合! スペシャル座談会>今井正人×柏原竜二×神野大地「山上りと名ランナーを語ろう」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

左から神野大地、柏原竜二、今井正人。

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

彼らに襷が渡ればタイム差は関係なかった。急峻を平地に変えたかのような走りは新春の風物詩となった。活字メディアで初めて一堂に会した3人が箱根駅伝を縦横に論じる。(Number992号掲載)

 もうすぐ100回の節目を迎えようとしている箱根駅伝。その歴史上で最大のスターが「山の神」だろう。順天堂大学・今井正人、東洋大学・柏原竜二、青山学院大学・神野大地。3人が顔をそろえた貴重な機会に、初代は最年長者らしく鷹揚に構え、引退後はメディアでも活動する2代目は要所で話を盛り上げる。3代目は先輩の言葉にじっと耳を傾け、時に自己主張を覗かせた。白熱した“神々の対話”。そのテーマは山上りの秘話、栄光と葛藤、箱根路を彩った衝撃のランナー、そして大会の未来――。

今井 3人が初めて集まったのは、ゲストで走った今年7月の福島・東和ロードレースだったかな。

柏原 あそこで3人が揃いましたね。

神野 でも、あまり踏み込んだ話はしていないですよね。

柏原 うん、腹の探り合いというか(笑)。

今井 今日は本音トークでいこう。この顔触れだとみんな5区をイメージすると思うけど、自分が「箱根駅伝」と言われて真っ先に思い出すのは2区を走った1年の時。イメージトレーニングもしていたのに、もう緊張で何がなんだかわからなくなって……。特に最初の10kmは雲の上を走っているような感じだった。

神野 体が動かなかったんですか?

今井 頭では突っ込んでいってるつもりなのにフワーっとしてたね。襷を18番目でもらって、うしろからきた国士大の坂斎(亨)さんにすぐに置いていかれたのに、ひとりでボーっと走っている感じだった。走り終わって、当時の総監督だった澤木(啓祐)先生にも「お前みたいな走りをするやつは初めて見た!」って怒られた(苦笑)。まぁ、「後半は区間3位以内だったんじゃないか?」と褒めてもらった記憶もあるんだけど。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 9552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 最強の襷

Sports Graphic Number 992

箱根駅伝 最強の襷

 

順天堂大学
今井正人
東洋大学
柏原竜二
青山学院大学
神野大地

陸上の前後の記事

ページトップ