欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

エメリに続いてシウバも解任決定。
短命化のプレミア、次の犠牲者は?

posted2019/12/10 11:30

 
エメリに続いてシウバも解任決定。短命化のプレミア、次の犠牲者は?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

鎌田大地の2ゴールによってアーセナル監督の任を解かれたエメリ。プレミアの監督解任は今後も続くのだろうか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

♪奮闘~、努力の甲斐もなく~。

 名優・渥美清さんが唄った「男はつらいよ」の一節である。

 近ごろ、監督の任期が短くなってきた。奮闘しても努力しても報われず、任をあっさり解かれてしまう。

 現地時間11月29日、ウナイ・エメリがアーセナルを追われた。在任期間は1年190日。ウィリアム・エルコートの10カ月5日、トーマス・ミッチェルの11カ月11日、ブルース・リオクの1年58日に続く歴代ワースト4の短命に終わった。

 アーセナルのフットボール部門を統括するラウール・サンジェイは、常日ごろからエメリを支持していた。メディアやOBが守備の改善、アウェーのパフォーマンス向上を訴えても、エメリ続投と発言していた。

モウリーニョの言葉に感じる覚悟。

 ところがヨーロッパリーグのフランクフルト戦に敗れた数時間後、前言撤回。我慢の限界だったのか、あるいは予定どおりなのか。監督交代に踏み切ったのである。後任は未定。当面はアシスタントコーチのフレデリク・ユングベリが暫定的に指揮を執るが、高級紙『タイムズ』によると、「12人もの候補者をリストアップし、すでに面談を始めている」という。

「サー・アレックス・ファーガソンやアーセン・ベンゲルのように、ひとりの監督が20年以上も監督を務めるような時代は終わった」

 エメリOUTの知らせを聞いたジョゼ・モウリーニョが、みずからに言い聞かせるように語っていた。

 チェルシーを二度、レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドも志半ばで追われているだけに説得力がある。11月20日、マウリシオ・ポチェッティーノ解雇後のトッテナムに着任したばかりだが、結果が伴わなければ早々とクビを通告されても不思議ではないと、覚悟しているかのようだった。

【次ページ】 キケ・フローレスはたった85日で。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウナイ・エメリ
アーセナル
キケ・サンチェス・フローレス
マルコ・シウバ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ