フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

コストルナヤの会見の態度に疑問。
新女王誕生に思うスケーターの品格。

posted2019/12/09 19:00

 
コストルナヤの会見の態度に疑問。新女王誕生に思うスケーターの品格。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

左から2位シェルバコワ、1位コストルナヤ、3位トゥルソワ。トゥルソワは愛犬のチワワ、ティナを抱えている。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

「朝の(公式練習の)体の動きの状態だと残念なジャンプが多かったんですけど、今の調子の中、この本番の状態では、一番良いというか、自分の中では精いっぱいを尽くせた試合はできたかなと思います」

 GPファイナルのフリー演技を終えた後、紀平梨花はすっきりした表情でそう語った。

「点数とか順位とかには悔いが残るし、演技にも悔いはもちろん残るので、今できることをしっかり出せたことはすごい良かった。

 まず、ミスっていうものをなくすために、もう、次の試合からはこのようなことがないようにっていうことを考えて、SP、フリーをずっと揃えて、完璧を目指せるように。どんな状況があっても対応できるように、それが必要だなと思いました」

試合で初挑戦した4サルコウ。

 SPで転倒というミスがあり、6位という予想外の位置から挑んだフリーだった。

 冒頭では4サルコウに初めて挑戦。転倒こそしたものの、回転は承認された。その直後に飛んだアクセルは回転不足になったが、残りはノーミスで滑り切った。

 だがロシアの若手たちには追い付かず、総合4位と表彰台を逃した。

「4回転が必須になってくる試合っていうのを改めて感じさせられた試合だったので、あとはSPのミスがすごく大きいミスだっていうのもすごく感じた。

 周りの方々もほんとに本番に強かったり、攻めた構成をしてもすごい良い演技をしてらっしゃるので。どんな攻めた演技でも、自分がその試合のその時間に一番いいものをもってくるというのが足りないのじゃないのかなって思いました」

 現在は怪我のため、3ルッツをプログラムに入れていない。優勝したアリョーナ・コストルナヤとは最終的に31ポイント以上の点差がついた。

【次ページ】 メダルは予想通りロシアの新人3人。

1 2 3 4 NEXT
アリョーナ・コストルナヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
アンナ・シェルバコワ
紀平梨花

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ