フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

コストルナヤの会見の態度に疑問。
新女王誕生に思うスケーターの品格。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/12/09 19:00

コストルナヤの会見の態度に疑問。新女王誕生に思うスケーターの品格。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

左から2位シェルバコワ、1位コストルナヤ、3位トゥルソワ。トゥルソワは愛犬のチワワ、ティナを抱えている。

メダルは予想通りロシアの新人3人。

 表彰台に並んだのは、予想通りGP6大会を2試合ずつ制したロシアの若手3人だった。

 頂点に立ったのは、SPとフリーともノーミスで、質の高い演技を見せた16歳のアリョーナ・コストルナヤだった。

 3人の中で唯一4回転ジャンプを武器に持っていないが、安定した3アクセルを跳び、スケーティングの質や表現力では、3人の中で抜き出ている。247.59で女子の歴代最高スコアを塗り替えた。

「ここでは最高点を目指して滑りました」と通訳を介してコメントした。

 2位になったのは、15歳のアンナ・シェルバコワだった。

 フリーでは初めて試合で入れた4フリップで転倒したものの、4ルッツを2度着氷。フリーは1位だったが、総合240.92で2位になった。

6位のザギトワはノーコメントを貫く。

 3位は、アレクサンドラ・トゥルソワだった。

 SPでは初挑戦した3アクセルで転倒し、フリーでは4回転を5度入れるという、男子でも最高難易度のプログラムを組んできた。冒頭で、女子として史上初となる4フリップを成功させたが、次のサルコウが2回転に。2度目の4トウループで転倒し、

 結局フリップ、ルッツ、トウループの3度の4回転を成功させたものの、総合233.18で3位となった。

「正直に言うともうジュニアで滑るのは飽きていたので、こうしてシニアの大会に出ることができて嬉しいです」と通訳を通して語ったトゥルソワ。

 SP2位だったアリーナ・ザギトワは、フリーは7度挑んだ3回転のうち5個が回転不足という不調な演技で、6位に終わった。

 キス&クライで呆然とした表情で点数を見ていたザギトワだが、演技後はノーコメントを貫いた。

【次ページ】 トゥルソワの膝には愛犬のチワワ。

BACK 1 2 3 4 NEXT
アリョーナ・コストルナヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
アンナ・シェルバコワ
紀平梨花

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ