フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

コストルナヤの会見の態度に疑問。
新女王誕生に思うスケーターの品格。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/12/09 19:00

コストルナヤの会見の態度に疑問。新女王誕生に思うスケーターの品格。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

左から2位シェルバコワ、1位コストルナヤ、3位トゥルソワ。トゥルソワは愛犬のチワワ、ティナを抱えている。

トゥルソワの膝には愛犬のチワワ。

 表彰式の後に行われた記者会見。中央にコストルナヤ、向かって彼女の左にシェルバコワ、右にトゥルソワが座った。

 トゥルソワは、愛犬のチワワ、ティナを膝に抱いている。

「すべて予定した通りにうまくいって嬉しいです。それだけです」とコストルナヤがまずコメントした。

チャンピオンに求められる品格。

 正直に言えば、会見の壇上に並んでいる3人を見て、本当にこれがシニア女子のメダリスト3人なのかと、覚めた感情が湧いてくるのを抑えるのは難しかった。

 コストルナヤは膝の上に携帯電話をおいているのか、ずっと視線を下に向けたまま。質問した記者の顔をみようともせずに、コメントも木で鼻をくくったようなそっけなさである。

 氷の上の演技の優雅さと、この会見での態度のあまりのギャップにたじろがされた。フランス杯ではこのような態度ではなかったが、その後何かあったのだろうか。

 トゥルソワは自分の愛犬に視線を落としたまま、記者会見は上の空といった様子。

 正面を向いて記者席をきちんと見渡しているのは、シェルバコワのみであった。

 女子に新世代が登場し、かつてなかったレベルに到達したことはスポーツとして大切な歴史であり、本当は喜ぶべきことなのだろう。

 でも特にフィギュアスケートにおいて、チャンピオンにはそれなりの品格というものが求められる。才能には責任もついて回るということを、彼女たちは誰からも教わってこなかったのではないだろうか。

【次ページ】 以前も同じようなことがあった。

BACK 1 2 3 4 NEXT
アリョーナ・コストルナヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
アンナ・シェルバコワ
紀平梨花

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ