オリンピックへの道BACK NUMBER

4回転がなくても並外れて強い!
コストルナヤの情熱と理知、緊迫感。

posted2019/12/04 19:00

 
4回転がなくても並外れて強い!コストルナヤの情熱と理知、緊迫感。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

コストルナヤのグランプリシリーズ2戦合計476.00点は女子全選手の中で最高得点。ファイナルでも優勝候補のひとりだ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 12月5日、フィギュアスケートのグランプリファイナルがイタリア・トリノで開幕する。

 全6大会行なわれたグランプリシリーズの上位6名(組)だけが出られる、シーズン前半戦の勝者を決める重要な大会だ。

 女子シングルは、シーズンを席巻するロシアのシニアデビュー組が、ついに一堂に会する舞台となることで、とりわけ注目が集まる。

 アリョーナ・コストルナヤ、アレクサンドラ・トゥルソワ、アンナ・シェルバコワの3人だ。

 シェルバコワが初戦のスケートアメリカ、第4戦の中国杯で優勝すれば、トゥルソワは第2戦のスケートカナダ、第5戦のロシア杯で優勝。そしてコストルナヤは、第3戦のフランス杯と先日のNHK杯を制した。

 昨シーズンまでジュニアで戦っていた3選手が、全戦で優勝したのである。史上初のことだ。

トゥルソワはフリーで4本の4回転ジャンプ。

  彼女たちがもたらした衝撃の大きさは、結果によるものだけではない。なんといっても、4回転ジャンプにある。

 トゥルソワはフリーで実に4本の4回転ジャンプを組み入れ、シェルバコワは4回転ジャンプの中でも高難度の4回転ルッツをフリーで2本入れている。しかも成功率は高く、それが優勝した原動力となっている。

 本格的に女子にも4回転ジャンプの時代が到来したのか――そんな声も聞かれるほどだった。

【次ページ】 合計得点トップはコストルナヤ。

1 2 3 NEXT
アレクサンドラ・トゥルソワ
アンナ・シェルバコワ
アリョーナ・コストルナヤ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ