フランス・フットボール通信BACK NUMBER

第2回女子バロンドールは誰の手に?
本命ラピノーの対抗馬ハーダーの告白。 

text by

フランク・シモン

フランク・シモンFrank Simon

PROFILE

photograph byFranck Faugere/L'Equipe

posted2019/11/30 10:00

第2回女子バロンドールは誰の手に?本命ラピノーの対抗馬ハーダーの告白。<Number Web> photograph by Franck Faugere/L'Equipe

CL準々決勝でリヨンに破れたウォルフスブルクのペルニレ・ハーダー。国内2冠も含めて欧州で最も活躍した女子選手の1人であることは間違いない。

ハーダー「W杯を(選手とは)異なる目線で」

――ではワールドカップ自体は試合を見ていましたか?

「期間中はフランスにいたから、スタジアムでたくさんの試合を見たよ」

――それはどうしてですか? アダ・へゲルベルグがこの『フランス・フットボール』誌でコラムを掲載したように、メディアでの仕事をしていたのでしょうか?

「そうではなくて、スウェーデンを応援していた。私の(私生活の)パートナー(チェルシーのDFのマグダレナ・エリクソン)が出場していたから」

――つまり半分バカンスで半分は仕事でもあったのですね。

「ええ、そして大会そのものが本当に素晴らしかった。もちろんピッチに立ちたいと身体が疼くときもあったけど、大会を(選手とは)異なる目線で見ることができた。3週間の間、フランス中を旅できたのはとても良かった。ちょっと感動的だったね」

――たくさんコメントをいただきました。インタビュー、ありがとうございました!

関連記事

BACK 1 2 3 4
ペルニレ・ハーダー
アダ・へゲルベルグ
ヴォルフスブルク
ミーガン・ラピノー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ